トップページ >  > ADMは美白化粧品は効かない?

ADMは美白化粧品は効かない?

美白化粧品が効くシミと効かないシミがあるの?

できてしまったシミを解消するには、美白化粧品を用いたケアが最も簡単かと思います。レーザー治療だと費用がかかりますし、少なからず痛みも伴います。その点美白化粧品であれば、自宅で簡単に美白ケアが可能です。そのため多くの女性が、日々のスキンケアに美白化粧品を取り入れていることだと思います。
しかしシミの中には、美白化粧品が効かないものがあるってご存知でしたか?
私たちはよく「シミ」とひとくくりで表現しますが、シミにも色んな種類があり、またシミになる原因も色々とあります。
そのためシミの種類や原因によっては美白化粧品ではケアできないものがあるのです。
代表的なものが、太田母斑や後天性真皮メラノサイトーシスと呼ばれる種類のシミです。
これらはよく"ADM"と呼ばれることもあります。
太田母斑や後天性真皮メラノサイトーシスはシミというよりは青あざに近く、色素細胞が異常に増える事で発生すると言われています。
このようなシミは、残念ながら美白化粧品ではケアすることができません。
しかしクリニックでレーザー治療などを受ける事で、症状が改善することが多いようです。

 

美白化粧品が効かないシミはどう見分ける?

では美白化粧品が効くシミと効かないADMのようなシミは、どうやって見分けたらいいのでしょうか?
まずADMの特徴から見ていきましょう。
ADMは、ソバカスのような小さく丸いシミが群になって現れます。
そのほとんどが左右対称に現れる事から、肝斑と勘違いされる方が非常に多いのです。
私たち素人だけでなく、専門医でも判断が難しいそうなので正確に見分けるのは難しいかもしれません。
しかしADMは、色がグレーに近かったり青あざのように青っぽくなっていることがあります。
またシミとして現れる場所も、目の周辺やこめかみから頬に出る事が多いようです。
今あるシミがこれらの条件を満たしていたら、ADMの可能性が高いと言えそうです。


確かにADMには美白化粧品が効きませんが、これ以上ADMが悪化しないように予防することが大切です。
これはシミの基本ですが、紫外線を徹底的に防ぎ更なるシミを招かないようにしましょう。
そして新陳代謝を上げて血行やリンパの流れをよくすることで、ADMのような真皮性のシミにも効果が期待できます。
真皮の血管からメラニン色素を排出できるよう、血行やリンパの流れを改善したいですね。

 

 

新陳代謝をよくすることで防ごう!代謝アップに選ばれています。