トップページ >  > 美白のために欠かせない日頃の生活~シミや肝斑に悪影響な生活とは?

美白のために欠かせない日頃の生活~シミや肝斑に悪影響な生活とは?

多くの女性を悩ませる肝斑やシミ。
遺伝的な原因も多いのですが、その多くは生活習慣によるものが影響していると言われています。


肝斑やシミに悪影響な生活習慣とは、一体どういうものなのでしょうか。

肝斑やシミのそもそもの原因となるのは、肌に潜むメラノサイトという部分。
このメラノサイトは、メラニンを作り出す作用があります。
メラノサイトは、乱れた生活習慣によって活発になってしまうという特徴があります。
とくに肝斑は、30代以降の女性に発生しやすく、
普通の紫外線によるシミよりも生活による身体への影響が原因となっていることが多いと言われています。

乱れた生活習慣とは、具体的に言うと
睡眠不足やストレス、食生活の乱れ、栄養の偏りなど。
とくに、ストレスは、ホルモンバランスを乱してしまう原因です。
ホルモンバランスの乱れは特にメラノサイトに悪影響を及ぼします。
これらの生活において基本的なことが不規則であると、
メラノサイトが活発になりメラニンが作り出され、
シミや肝斑となって肌に現れてしまいます。

根本的に改善するには、肌に良いと言われる10時から2時の間は
極力寝ている状態にしましょう。
食事は3食しっかりと取り、できるだけインスタントなどではなく、
野菜なども含んだ栄養のある食事が望ましいですね。

そしてホルモンバランスが乱れないよう、ストレスのない生活をすることがカギとなってきます。
ストレスを生活の中から完全に取り除くということは難しいですが、
生活の中でゆっくりリフレッシュする時間を作る、
無理しすぎないといったような少しの心がけで改善することができます。

こういったことで生活習慣を整えることは、シミや肝斑の根本的な原因を無くすためには非常に重要なことです。
もちろん、肌のケアや紫外線対策などはとても大事です。
ですが、本当に悩んでいる人こそ、急がば回れ。
こういった基本的なところからシミ・肝斑対策をしていくことが、シミや肝斑改善の近道となります。