トップページ > アルブチン > アルブチンの副作用や効果

アルブチンの副作用や効果

アルブチンは、シミやそばかすの原因でもあるメラニン色素の合成に関わる成分チロシナーゼに作用し、メラニンの合成を阻害してくれます。その為、強い美白効果があるとされ、現在多くの化粧品などに配合されています。

 

「肌の漂白剤」とまで言われ、美白効果の高いアルブチンですが、肌の漂白剤といえばハイドロキノンも有名です。
このアルブチンとハイドロキノンの違いは、出来てしまったシミに対して効果的なのか、出来る前のシミを予防するかの違いになります。アルブチンは、すでに色素沈着してしまったシミに対しては効果がありませんが、今後出来るであろうシミを予防する効果を発揮してくれる成分で、果物では梨やコケモモ、きのこ類ではマッシュルームなどに含まれています。

 

アルブチンの効果

アルブチンは、女性に嬉しい美白効果の高い成分として注目されており、既に多くの美白目的で作られた化粧品などにも多く配合されています。肌は年齢を重ねると、紫外線やストレス等の原因によってメラニン色素としてシミとなります。
このメラニン色素は、人間の体が紫外線や乾燥などの外敵から守ろうとする働きで出来るものですが、アルブチンはメラニン色素を作り出す酵素(チロシナーゼ)に直接働きかける為、シミになる前に生成を防いでくれるのです。
その為、肌に余計な刺激を加えることなく、シミを予防できる効果的な美白成分と言えるでしょう。
もちろん、毎日梨やマッシュルームを食べることが出来ないという人もサプリメントにより摂取できますので、美肌を目指したい方にはおススメの成分です。またアルブチンは、ビタミンC誘導体と一緒に使用することで更なる美白効果が期待できます。ぜひ一緒に摂取したい成分です。

 

アルブチンの副作用

このように美容と健康の為にビタミンCを摂取しようとする事はとてもいい事ですが、摂取量は決まっているのでしょうか?
アルブチンの副作用はほとんどないとされています。
ただし、アトピー性皮膚炎などをお持ちの方は医師と相談してからの使用をおススメします。
一般では安全性もあり、妊婦や授乳中でも使用できるほど肌に優しい成分ですので、安心して使用できるものでしょう。
ただし、人それぞれ合う合わないがありますので、自分の肌に合わない場合は使用を中止して、自分に合うケアをしましょう。