トップページ >  > アルブチンの白斑被害

アルブチンの白斑被害

■アルブチンの白斑被害はあるの?
アルブチンはハイドロキノンと並ぶ程、美白効果の高い成分だと注目されています。
アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンの二種類があり、成分が異なります。
α-アルブチンはお菓子で有名な江崎グリコが開発した成分で、ハイドロキノン誘導体が主成分となっています。
一方β-アルブチンはコケモモなどの植物が主成分となっています。
α、β共にお肌の中に浸透すると、酵素の働きによってハイドロキノンに変化します。
じゃあ最初からハイドロキノンでいいのでは?と思うかもしれませんが、ハイドロキノン単体で使用するよりもアルブチンの方が安全性が高いとされています。
そのためアルブチンはハイドロキノンの刺激が強すぎてお肌に合わない、使えないという方にも安心して使って頂ける成分なのです。
アルブチンは安全性も高く、美白効果も高い成分なのですが白斑被害は大丈夫なのでしょうか?
カネボウ化粧品で使われていたロドデノールによる白斑被害はまだ記憶に新しく、美白成分と聞くと抵抗を感じるかもしれません。
しかし現時点では、アルブチンによる白斑の被害報告は上がっていないようです。


■アルブチンは本当に安全なの?
現在アルブチンによる白斑被害は出ていないようですが、それでも心配な方は多いかと思います。
しかしアルブチンを使う事で、美白効果はぐんと高まります。
少しでも多くの方が安心してアルブチンを使えるよう、もう少し詳しくアルブチンの安全性を調べてみましょう。
今ではより美白効果の高いα-アルブチンが配合されている化粧品も数多くありますが、もともと一般的だった美白成分はβ-アルブチンの方でした。
しかしβ-アルブチンと比べα-アルブチンには約10倍の美白効果があるとされ、今注目されているのはα-アルブチンの方です。
α-アルブチンは高い美白効果を期待できる一方、少数ではありますがお肌に刺激を感じる方もいらっしゃいます。
そういった場合は、美白効果こそ劣りますがβ-アルブチンの方がお肌への刺激なくお使い頂けると思います。
また同じアルブチンでも、天然のアルブチンと合成のアルブチンとが存在します。
天然のアルブチンの場合は、ほとんと副作用がありませんが合成のアルブチンの場合は少なからず副作用のリスクが出てきます。


お肌が非常にデリケートな方や心配な方は、天然のβ-アルブチンから使用されると安心してお使い頂けるのではないでしょうか。
アルブチンはこれといった副作用もなく、非常に美白効果の高い成分です。
ご自分のお肌と相談しながら、アルブチンの効果を実感していただければと思います。