トップページ >  > どうして泡洗顔がいいの?

どうして泡洗顔がいいの?

洗顔料をしっかりと泡立てて行う"泡洗顔"があらゆる方面で推奨されていますね。
最初は泡洗顔に抵抗があった方も、今では当たり前のように洗顔料を泡立てているのではないでしょうか?
その一方で「泡洗顔だとちゃんと洗えた気がしない」「泡立てるのが面倒くさい」という方もいらっしゃいます。
確かにしっかり洗った〜!という感じがあるのは、洗顔料を泡立てずにゴシゴシと洗う方法ですよね。
それに毎回泡立てネットを使って、ふわふわの泡状にするのは面倒でもあります。
どうしてこれほどまで泡洗顔が推奨されているのか。
本当に泡洗顔は効果があるのか。
日々疑問に思っている方もいると思いますので、ここで徹底的に検証してみたいと思います!


まず、泡洗顔をすることでお肌のキメが整ったり、キメが細かくなるという説。
これは果たして本当なのでしょうか?
洗顔を泡立てずゴシゴシと洗う洗顔法と比べ、泡洗顔は約2倍キメが整うんだそうです。
ふわふわの泡で優しく洗っているだけでも、しっかりキメを整えることができるんですね。


続いては、泡洗顔で毛穴が引き締まるという説。
これも本当でしょうか?
こちらも泡洗顔の方が2倍以上、毛穴が引き締まり目立たなくなるんだそうです。
力任せにゴシゴシ洗った方が、毛穴の汚れも落ち引き締まるように思えますが、実際は違うんですね。
他にも泡が手のひらと顔の間のクッションとなって摩擦を防ぐ効果があり、シミや色素沈着を防ぐこともできるんだとか。


優しく洗うだけでも、泡立てた洗顔には汚れを吸着する働きがあるんだそうです。
どんなに洗浄能力が高い洗顔料でも、泡立てて使う場合と泡立てず使う場合では洗浄効果が全く違うようです。
洗顔料はしっかり泡立ててこそ、その効果を発揮できるんですね。


■泡洗顔の正しい方法をマスターしよう!
泡洗顔の良さが分かったところで、今度は正しい泡洗顔の方法をマスターしましょう。
洗顔料をふわふわに泡立てるには、泡立てネットを使用します。
泡立てネットはドラックストアなどで安く購入することができますよ。
まず洗顔を行う前に、ぬるま湯で軽くお顔をすすぎましょう。
そして泡立てネットを使って、洗顔料を泡立てていきます。
握りこぶし大くらいの泡ができれば充分です。
しっかり泡立てた泡を、まずは皮脂が多いTゾーンに乗せていきましょう。
あくまでも泡を動かすように洗って行くのがポイントです。
ここで力一杯手を動かしてしまうと、せっかく泡立てた泡が台無しですからね。
特に小鼻は毛穴が詰まりやすい場所です。
とにかく丁寧に泡をなじませ、毛穴の汚れを取り除いていきましょう。
Tゾーンの次はUゾーンです。
アゴや頬に泡を乗せ、円を描くように手を動かしていきます。
ニキビができやすい髪の毛の生え際にも、しっかり泡を乗せて馴染ませましょう。
目元の洗顔は一番最後に行います。
目元は顔の中でも、最も皮膚が薄くデリケートな部分です。
兎に角優しく丁寧を心がけて、洗顔を行いましょう。
洗顔は顔だけで完了ではありません。
年齢が出やすい首も、丁寧に洗顔を行ってあげましょう。
首までしっかり洗顔ができていれば、年齢に負けない綺麗なデコルテラインをキープすることができますよ。


充分に洗顔を行ったあとは、ぬるま湯で丁寧に流しましょう。
この際も手のひらで擦ったりしないように、手のひらで包み込むように流して行きます。
そしてタオルで拭き取る際も、ゴシゴシは禁物です。
タオルで優しく水分を吸い取るようにしてあげましょう。
説明だけ見ると、「泡洗顔って面倒くさっ!」と思われるかもしれません・・。
でも毎日の積み重ねは、必ずお肌に現れます。
美しいお肌の基本とも言える洗顔に一手間かけて、美肌を手に入れましょう。