トップページ >  > 敏感肌でもビーグレンで美白できる?

敏感肌でもビーグレンで美白できる?

美白コスメに配合されている主成分といえば、ハイドロキノン。ハイドロキノンは数多く存在する美白成分の中でも、最も出来てしまったシミやそばかす、肝斑に有効な成分ですよね。
でもハイドロキノンは、たしかに効果はありますが、刺激が強すぎる成分としても有名です。敏感肌だとさらに心配。
そんな不安を解消してくれるのが、ビーグレンの美白シリーズです。
ビーグレンといえば、QuSomeという独自の浸透技術が有名です。国際特許もとっているほどの浸透技術。
そのQuSomeという技術で可能となったのが、より低い濃度で、より高い効果をだすということ。
有効成分が、素早く奥深くまで浸透するだけではないのです。
たとえば、ホワイトクリームexのハイドロキノン濃度は1.9%。にもかかわらず、濃度4%の他製品と同等の効果を得られることが証明されています。
つまり、同じ効果でもビーグレンならハイドロキノンが1.9%と濃度が低い分、お肌への負担が激減するのです。
ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど効果抜群なのですが、その分リスクもあります。
だから、低い濃度を求めたいけど効果的でない・・・。という結果に。
ビーグレンのホワイトクリームなら、低濃度で高濃度の効果。さらに、刺激や副作用を心配するような濃度でないにも関わらず、刺激を4分の1にまで抑え込むことにも成功しています。
だから、敏感肌の方でも、副作用の心配がなく安心して使用できる美白コスメといえるのです。