トップページ >  > 世間が求める美肌の条件

世間が求める美肌の条件

■美肌に求められる条件って?
美肌になりたい!という願望は、少なからず皆さんお持ちですよね。
誰だって汚いお肌より、美しいお肌になりたいに決まっています。
でも、美肌って具体的にどんなお肌のことを言うのでしょうか?
白いお肌?シミひとつない綺麗なお肌?毛穴がなくキメが細かいお肌?
どれも美肌には欠かせないポイントですよね。
世間一般的に美肌と思われる条件は、"う・な・は・だ・け"です。
まず"う"は「潤い」です。
乾燥したお肌は美肌とは言えません。
美肌にとって潤いは欠かせない条件です。
次の"な"は「滑らかさ」です。
滑らかなお肌といえば、毛穴一つないツルンとしたお肌を連想しますよね。
よく言われる「キメが細かいお肌」とは、ツルンとした滑らかなお肌のことを指しているのです。
"は"は「ハリ」です。
ハリがあると、それだけでお肌は若々しく見えますよね。
そして"だ"は「弾力」です。
潤いやハリと通じる部分も多いですが、弾力も美肌にとって欠かせない条件です。
最後の"け"は「血色」です。
お肌が綺麗でも、血色が悪く顔色が暗いと美肌とは言えませんよね。
血色が良く顔色が明るいお肌は、透明感をも演出しとても美しい印象を与えてくれます。
以上が世間一般的に美肌と認められる条件です。
皆さんのお肌はどうですか?
一つ一つクリアして、美肌に近づけていきましょう。


■世間に認められる美肌になるには?
美肌の条件は分かったものの、どうやって美肌に近づいたらいいのでしょうか?
美肌に近づくために欠かせない3つの条件がありました。
一つ目の条件は、お肌の水分量です。
本来私たちのお肌は、赤ちゃんのようにプルプルとした水分たっぷりのお肌をしています。
しかし加齢や外部刺激など様々な要因によって、お肌の水分量が減って行きます。
お肌の細胞内にたくさんの水分が含まれていれば、弾力があってハリがある美しい美肌になれるのです。
二つ目の条件は、メラニン色素です。
メラニンはシミの原因だと思われがちですが、本来はお肌を紫外線から守る為のものです。
しかし過剰なメラニンや、古くなったメラニンはお肌にシミやくすみとして現れてしまいます。
メラニンの量をコントロールすることも、美肌には欠かせません。
最後の条件はお肌の角質です。
角質はお肌のターンオーバーによって自然と剥がれて行くものですが、お肌に残ったままだとあらゆるお肌トラブルを引き起こします。
古くなった角質をきちんと除去するために、ターンオーバーの周期を正しくしたりピーリング剤などの化粧品を使って剥がし取ってあげましょう。


一度にあれもこれもしようとすると、とても大変です。
まずは出来ることから一つずつ始め、誰もが認める美肌を手に入れましょう。