トップページ >  > コラーゲンを上手に取り入れて美白力アップ

コラーゲンを上手に取り入れて美白力アップ

■コラーゲンって美白にも関係があるの?
コラーゲンと聞くと、お肌がプルプルになったり綺麗になるイメージがあります。
そのためコラーゲンが入った化粧品や化粧品も、本当に多いですよね。
きっと一度はコラーゲン入りの商品を使った事があるはずです。
しかしコラーゲンは美肌に関係していても、美白には関係があるようには思えません。
果たしてコラーゲンは、美白にも関係しているのでしょうか。
実は、関係しているんです!
コラーゲンは私たちの体内にも存在している成分で、筋肉や皮膚の素となっているたんぱく質の一種です。
私たちの皮膚が新しく生まれ変わる際に、コラーゲンは必要不可欠なものなのです。
またコラーゲンは皮膚の中にあるエラスチンという成分と連携し、お肌にハリを与える働きもあります。
そして日焼けや刺激を受けたお肌も、新しく生まれ変わらせてくれます。
つまり、体内にあるコラーゲンの量が増えれば私たちのお肌はどんどん新しく生まれ変わるのです。
すると私たちの肌色を作るメラニン色素のサイクルも早くなり、美白ができるというわけです。
このようにコラーゲンは摂取したから、塗ったからといって美白になれるわけではありません。
体の内側から、積極的に美白を手助けしてくれているのです。


■コラーゲンを上手く取り入れる方法は?
美白とコラーゲンは、直接的ではないにしろ関係があります。
しかし体内にあるコラーゲンの量は、年齢と共に低下していってしまいます。
そこで効率よくコラーゲンを取り入れて、お肌の再生化を活発にしてあげなければいけません。
コラーゲンを摂取する方法は主に3通りあります。
コラーゲン入りの化粧品を使う方法、コラーゲン入りのドリンク・サプリメントを飲む方法、そして普段の食事でコラーゲンを摂取する方法です。
しかし食事の場合は食材が限られ、コラーゲンが豊富な食材は同時にカロリーや脂質も高い傾向があります。
そのためドリンクやサプリメントを活用する方法が効果的ではないでしょうか。
またコラーゲン入りの化粧品の場合、お肌からコラーゲンを取り込むのは不可能です。
コラーゲンは粒が大きいため、お肌から浸透させることができないのです。
他には、"繊維芽細胞"という所を活発にさせてコラーゲンの生成を促す方法もあります。
繊維芽細胞は、お肌の再生化をコントロールしている部分です。
そのため、繊維芽細胞が元気になるとお肌もどんどん新しくなって美白になれるというわけです。
美肌効果だけでなく、美白にも関係していたコラーゲン。
ぜひ上手に取り入れて、美肌も美白も手に入れたいですね。