ビタミンCの効果と注意点

ビタミンCとは、コラーゲンの合成・維持に不可欠な成分で、多くの化粧品に使用されています。
シミ・そばかすなどの改善にも効果的で、メラニンの生成を抑制するので、美白など美容目的で摂取される方も多いでしょう。
さらに健康面でもウイルス性疾患の予防や治療、皮膚や粘膜、血管の強化など様々な効果を持ち合わせています。
では、ビタミンCが私達の体にどのように良いのか詳しく見ていきましょう。

 

ビタミンCの働き

美容の為のビタミンCの効果は、美肌効果と老化防止効果の2つになります。
まず、美肌効果についてですが、美肌の為にはコラーゲンが必要不可欠というのは多くの人が耳にした事があると思います。このお肌をプルプルつるつるにしてくれるコラーゲンを作る際に、ビタミンCが体内になければコラーゲンは作ることが出来ないのです。ですのでコラーゲンを摂取する際は、一緒にビタミンCを取る事を心がけましょう。

 

そして、二つ目の老化防止効果についてです。老化防止とは、最近よく耳にするようになったアンチエイジングの事で、しみ、シワ、たるみ、くすみといった肌のトラブル(老化)は、いろいろな原因によって進行していきます。原因は紫外線や乾燥、血行不良などさまざまですが、肌の細胞が酸化(錆びる)する事で起こっています。これを遅らせてくれるのがビタミンCと言われています。

 

ビタミンCの摂取量

このように美容と健康の為にビタミンCを摂取しようとする事はとてもいい事ですが、摂取量は決まっているのでしょうか?
厚生労働省はビタミンCの推奨摂取量を大人が1日に摂取する量は100mgとしていますが、上限は定めておりません。また、過剰に摂取したからといって副作用が起こることはほとんどないようです。ただ、1日に3000mg以上摂取すると下痢、はきけなどが起こる可能性がありますし、過剰摂取によって腎臓結石が出来やすくなるという報告もあるようです。
化粧品に含まれるビタミンCも同様で上限摂取量は定められていません。高濃度のビタミンC自体、化粧品に配合することが難しいため濃度の高いビタミンC化粧品自体珍しいのです。
ビタミンCは大量に摂取したからといって体に貯めておけるものではありませんので、毎日適量のビタミンCを摂取・毎日のスキンケアでも肌へ使用する事が理想的です。

 

実はあった!高濃度ビタミンC化粧品

高濃度であればあるほど、また新鮮な生のビタミンCであれば、ビタミンC本来が持つ効果を発揮します。しかし、生のビタミンCは刺激が強く、壊れやすいためビタミンC誘導体として化粧品に配合されています。
ビタミンC誘導体より、生のビタミンCの方がが効果的にも関わらず・・・。
そこで、新鮮な生のビタミンCを7%も配合された美容液ビーグレンのビタミンC美容液は、ビーグレンの独自技術により、刺激の強い新鮮なビタミンCの刺激を4分の1にまで緩和。また、浸透しない生のビタミンCを独自技術Qusomeによって、通常の2分の1の速さで浸透させることが可能となったのです。