トップページ > ビタミンC > 実はあった!高濃度ビタミンC化粧品

実はあった!高濃度ビタミンC化粧品

高濃度であればあるほど、また新鮮な生のビタミンCであれば、ビタミンC本来が持つ効果を発揮します。しかし、生のビタミンCは刺激が強く、壊れやすいためビタミンC誘導体として化粧品に配合されています。
ビタミンC誘導体より、生のビタミンCの方がが効果的にも関わらず・・・。
そこで、新鮮な生のビタミンCを7%も配合された美容液ビーグレンのビタミンC美容液は、ビーグレンの独自技術により、刺激の強い新鮮なビタミンCの刺激を4分の1にまで緩和。また、浸透しない生のビタミンCを独自技術Qusomeによって、通常の2分の1の速さで浸透させることが可能となったのです。