フラーレンの副作用や効果

人間が年齢を重ねるにつれお肌には多くのトラブルが見られるようになります。
シミ、しわ、さまざまな色素沈着、これらが多くなればなるほど、年を取ったように見えてしまいます。
このお肌のトラブルの原因の一つが活性酸素です。日々の生活をする上で、紫外線を浴びたり、皮脂が酸化したりする事で活性酸素は発生しトラブルを引き起こしますが、この活性酸素を除去してくれるのが、抗酸化成分であるフラーレンです。
抗酸化成分は他にもビタミンCやEなども知られていますが、フラーレンの抗酸化力はビタミンCの170倍とも言われています。

 

フラーレンの効果

フラーレンは、シミやシワ、そばかす等と言ったお肌のトラブルを発生する前に抑制できると考えられています。世間一般で、活性酸素などの酸化ストレスが肌の老化を進める原因というのは広く知られるようになりました。この酸化ストレスの主な原因とされるのが、日々生活するに当たって受ける紫外線によるものです。
紫外線が肌に当たることにより活性酸素が発生し、シミなどのトラブルに発生するたけでなく、皮脂も酸化しますので毛穴も開いてしまいます。また、過度に活性酸素が発生した場合、肌に炎症を促進させ、次々と肌細胞を破壊していきます。
それによって、にきび・肌荒れ、シミ、シワなどのトラブルへと発展してしまいますが、フラーレンを使用する事で肌老化を未然に防ぐ事ができるのです。このように肌トラブルをマルチに対応できる強い抗酸化力をもつ成分としてフラーレンがあります。
また、コラーゲンを生成する能力も持ち合わせ、その力はプラセンタの800倍とも言われています。その為、肌トラブルを防ぐだけでなく、ぷるぷるでハリのあるキメ細やかなお肌にしてくれるエイジングケア商品です。

 

フラーレンの副作用

フラーレン配合の化粧品が発売されるようになってからこれまで、フラーレンが原因で起こったトラブルは報告されておりません。そういった点からも安心して使用できる化粧品といっていいでしょう。
ただ、フラーレンも濃度が低いとその効果を発揮することができません。通常、1%以上がフラーレンで言えば高濃度の部類に入ります。この1%以上のフラーレンが配合されている化粧品を選ぶようにしなければ、あまり意味を持ちません。
高濃度のフラーレンかどうか見極めるためのRSマークというものがありますので、このRSマークを基準に選ぶと良いでしょう。