ルミキシルの副作用や効果

お肌の漂白剤といわれる成分にハイドロキノンがあります。このハイドロキノンは、シミが出来てしまった箇所に塗布するだけでシミが薄くなっていくという、アンチエイジングを心がけている女性にとってとても嬉しい成分です。
しかしこのハイドロキノンはとても刺激が強く、塗布すると肌がピリピリしたり、間違った使い方をすると肌のトラブルにあってしまいます。そんなハイドロキノンにかわる成分として、アメリカのスタンフォード大学の研究チームによって開発された美白クリームが、低刺激性のルミキシルという成分です。
ただこのルミキシルは、美白予防に優れている成分で、その予防効果はハイドロキノンと比較しても約12~17倍あるといわれています。

 

ルミキシルの効果

先に記載したとおり、お肌の漂白剤「ハイドロキノン」より美白予防成分として数十倍も高い有効性を持っている成分です。
しかも、ハイドロキノンはアレルギーを引き起こす可能性があったり、強い刺激を肌に与えますので、敏感肌の方やアトピーの方は使用出来ません。それに比べ、ルミキシルは敏感肌の方でも使用ができる非刺激性で、アレルギーフリーとなっている為、肌に強いダメージを与えず、安心して長期間使用する事が可能になりました。
ルミキシルの適応する症状としては、シミ、にきび跡、くすみ、そばかすなど多くの肌トラブルの予防に効果が現れます。
どんな肌体質の方でも安心して使用する事ができ、保湿効果に優れ、さらに他のコスメと併用可能という事で、次世代の美白コスメといえます。美白予防に優れてはいますが、シミや美白に効果がないわけではなく、平均的に見て8~10週間で美白を実感する人が多いため、最低でも2ヶ月の試用をおすすめします。

 

ルミキシルの副作用

ルミキシルは、非刺激性・完全非毒の美白クリームなので副作用はほとんどありません。
しかし、ルミキシルの使用後は日焼けをしやすくなる為、日焼け止めの併用をしてください。