トップページ >  > 化粧品と医薬部外品の違い

化粧品と医薬部外品の違い

■化粧品と医薬部外品の違い〜化粧品ってどんなもの?〜
私たちの周りでは「医薬品」や「医薬部外品」「化粧品」などと分類されたものが、当たり前のように存在しています。
医薬品は、病院で医師から処方してもらわなければ入手することができませんが、医薬部外品や化粧品に関しては誰でも簡単に入手することができます。
ドラッグストアなどでは医薬部外品と化粧品は特に区別されていませんし、消費者側も「これは化粧品でこれは医薬部外品」と意識して購入する方は少ないと思います。
しかし分類が違うということは、決定的な違いがあるということです。
一体、医薬部外品と化粧品はどういう違いがあって区別されているのでしょうか?
まずは化粧品とはどういう物なのかを見ていきましょう。


化粧品といえば多くの方が毎日のように使うファンデーション、口紅などのコスメ。
化粧水にクリーム、石けんにシャンプーなども化粧品です。
薬事法で化粧品は、体を清潔にしたり魅力を増したり容貌を変えるもの。
また皮膚や毛髪をすこやかに保つためのものと定義されています。
人に与える作用はあまり強いのも特徴です。
化粧品は2001年の薬事法改正により、大幅に規制緩和されました。
以前は厚生労働省に逐一承認や許可を貰う必要がありましたが、改正後はその必要がなくなりました。
その代わり、その化粧品に使用された成分を全て記載することが義務づけられています。
これによって化粧品メーカーは、新商品を早く市場に出すことができるようになり、私たち消費者は使われた全ての成分を知れるようになったのです。
もちろん配合してはいけない成分などは従来通り守る必要があるため、消費者の安全性は充分確保されています。
普段何気なく使っている化粧品ですが、このような基準があったんですね。


■化粧と医薬部外品の違い〜医薬部外品ってどんなもの?〜
続いて医薬部外品とはどういう物なのかを見ていきましょう。
医薬部外品は、医薬品ではないけれど医薬品に準ずる効果があるものが分類されています。
病気や怪我を治療するために用いられる医薬品ですが、医薬部外品はどちらかと言えば予防のために用いられるものです。
例えば薬用歯磨き粉や制汗スプレー、薬用化粧品などが医薬部外品として分類されます。
ここでは薬用化粧品にスポットを当てて詳しく見ていきましょう。
通常の化粧品と"薬用"が付いた化粧品とでは、どちらの方が効果が高そうに感じますか?
大半の方が薬用化粧品を挙げるのではないでしょうか。
薬用化粧品の中には、医薬品・医薬部外品に含まれる有効成分が配合されているものがあります。
有効成分とは、効果や効能が実証されている成分のことです。
シミに効くとされるトラネキサム酸や、ヒアルロン酸がその例です。
つまり薬用化粧品には効果が実証された成分が配合されており、化粧品よりも高い効果が期待できる製品もある、というわけなのです。
もちろん、医薬部外品だから薬用化粧品だからといって全ての方に同様の効果があるわけではありません。
しかし一般的な化粧品では効果が得られなかった方、より確実な効果を期待したい方は医薬部外品の化粧品を使ってみるといいのではないでしょうか。