トップページ >  > 紫外線を吸収しやすい色の洋服はキケン!?

紫外線を吸収しやすい色の洋服はキケン!?

皆様、美白ケアはちゃんとされていますか?
美白化粧品や美白に効果的なサプリメントを用いることも大切ですが、まずは紫外線自体を浴びないようにすることが美白への近道です。
そのため日焼け止めを塗ったり、日傘やサングラスを使ったり、色んな工夫をして紫外線対策をされていることだと思います。
しかし、着ている洋服のことまで気を遣えているでしょうか?
どんなに帽子、サングラス、日傘、長袖長ズボン、日焼け止め・・と万全な対策をしていても、着ている洋服によっては紫外線が通過してしまうこともあるんですよ。
洋服で隠れていたはずなのに、日焼けしていた!という経験をお持ちの方も多いと思います。
そう、洋服を着ているから紫外線は浴びない。というのは間違いなのです。
実は洋服の色によって、紫外線の通過を防ぐ色と通過させてしまう色があります。
サングラスや日傘に黒が多いように、黒色は紫外線を通しにくいとされる色です。
黒以外にも、濃いイエローやターコイズブルーも紫外線を通しにくい色だと言われています。
反対に紫外線を通過させてしまう色は、ピンクやオレンジです。
そして最も紫外線を通してしまう色は、ホワイトなのです。
どんなに長袖長ズボンで完全防備していても、それがホワイトの洋服だと紫外線が通過して日焼けしてしまうのです。
特に暑い夏場は、爽やかなホワイトを好んで着られる方も多いでしょう。
しかし紫外線のことを考えるのであれば、ホワイトはオススメできません。
少々暑苦しいかもしれませんが、ブラックの洋服を着て徹底的に紫外線を浴びないようにしましょう。


■美白ケアには欠かせない、洋服の選び方!
美白のためには、毎日着る洋服にも気を遣いたいものです。
先程最も紫外線を通さない色はブラック、最も紫外線を通す色はホワイトだとご紹介しました。
色以外にも、洋服の素材によって紫外線を通しにくいもの通しやすいものがあるんですよ。
紫外線を通しにくいとされる素材は、ポリエステルやビニロン、羊毛などです。
反対に紫外線を通過させてしまう素材は、絹や綿、レーヨン、ナイロンです。
また、特に夏場は通気性を重視して織り目が大きくなっているものが多いです。
確かに通気性は抜群ですが、織り目の間から紫外線が入り込んでしまいます。
紫外線は浴びたら浴びた分だけお肌が老化します。
できるだけ黒い洋服、そして素材はポリエステルやレーヨン、さらには織り目の大きさにまで気を遣って徹底的に紫外線を防ぎましょう。