トップページ >  > ハンドプレス派?コットン派?正しい使い方

ハンドプレス派?コットン派?正しい使い方

■ハンドプレスとコットン、どちらが効果的?
日々、洗顔後に化粧水をお肌に塗っているかと思いますが、どのような方法でお肌に浸透させていますか?
化粧水の種類もたくさんありますが、化粧水の塗り方にも色々な方法がありますよね。
コットンにたっぷり化粧水を含ませてお肌に塗っているわ!という方もいらっしゃるでしょうし、コットンは使わずに手のひらでバシャバシャ塗っているわ!という方もいるでしょう。
近年では、暖かい手のひらで化粧水をお肌に押し込むようにするハンドプレスも人気が高いですよね。
実際のところ、どの方法で化粧水を塗るのが最適なのでしょうか?
実は、コットンに化粧水を含ませて使う方法が最も適しているんですよ。
コットンを使うと化粧水がたくさん必要で勿体ない・・コットンはお肌に刺激が強い・・などなど言いたいことはたくさんあるでしょうが、まずは最後まで目を通してみてください。
きっと新しい発見があるはずですよ?


コットンは、ちゃんと意味があって存在しています。
実はコットンを使って化粧水を塗った場合と、手で化粧水を塗った場合とでは、化粧水の浸透の仕方が違うんです!
より毛穴の奥の方まで浸透させられるのが、コットンなんですよ。
そして、パッティングといってコットンで軽く押し込むように塗る方法があります。
このパッティングを行うことで、開いた毛穴を引き締めることもできるんですよ。
これを手で行ってしまうと、体温によって化粧水が温もり毛穴を引き締めることができないのです。
今まではハンドプレス派だった!という方も、少しはコットンの良さを分かって頂けたのではないでしょうか?
より化粧水を浸透させ、より毛穴を引き締めるためにはコットンが欠かせません。


■コットンの正しい使い方を教えて!
コットンのメリットを知って頂いた所で、今度は正しいコットンの使い方をマスターしてみましょう。
まず、使用するコットン選びは非常に重要です。
コットンによってお肌に刺激がある場合もありますので、滑らかで刺激のないコットンを選びましょう。
そしてコットンには、正しい持ち方があります。
頬やオデコのような広い部位に使う時は、利き手の中指と薬指の上に乗せ人差し指と小指で軽く挟みましょう。
小鼻や目元など狭い部位に使う時は、中指の上に乗せ人差し指と薬指で軽く挟むようにします。
続いて使用する化粧水の量です。
化粧水はたくさん使った方がお肌にいいような気もしますが、染み込ませ過ぎもよくありません。
また化粧水が少なすぎるのも、お肌に摩擦が生じてしまいよくありません。
先程のコットンの持ち方をし、指の上に乗せた部分全体に化粧水が浸透しているのを目安にしましょう。
ここからはいよいよパッティングです。
パッティングの基本は、コットンの面全体を使うこと。
そして下から上へ移動させることです。
目元はマブタの下の場合、目尻側から目頭側へと移動させていきます。
反対にマブタの上の場合、目頭側から目尻側へと移動させましょう。
力任せに叩いたり押したりするのではなく、優しく撫でるように抑えていきましょう。


コットンを使って正しいパッティングが行えるようになれば、しっかりと化粧水を浸透させることができお肌を充分に保湿することができます。
すると化粧のノリも持ちもぐっと良くなりますよ。
今までもコットンを使っていた方も、今まではコットンを使っていなかった方も、これを機に正しいコットンの使い方をマスターしてみませんか?