トップページ >  > 洗顔時の洗い過ぎがよくない理由

洗顔時の洗い過ぎがよくない理由

■どうして洗い過ぎ洗顔はダメなの?
皆さんは毎日ちゃんと正しい洗顔を行えていますか?
毎日正しい洗顔を行えていないだけで、お肌にはあらゆる悪影響が出てしまうんですよ。
例えば、メイクがすぐに崩れてしまう方。
軽いメイク直しでは補えない程ファンデーションが崩れてしまう方。
さっき洗顔したばかりなのに、すぐにテカテカになってしまう方・・。
思い当たる節がある方は、洗顔方法を見直す必要があるかもしれませんよ。
正しい洗顔が行えていれば毛穴の汚れや古くなった角質が除去され、化粧水や美容液がしっかりとお肌に浸透されます。
しかし間違った洗顔を行っていると、化粧水の浸透はおろかニキビや毛穴詰まりといったお肌トラブルが現れてしまうのです。


しっかり洗顔を行おうと思うと、つい長い時間をかけて一生懸命洗顔をしてしまいませんか?
多くの方が無意識のうちに"洗い過ぎ洗顔"をしているんです。
洗顔を終えた後のお肌はどのような感覚ですか?
汚れが綺麗に落ちてさっぱりとした感覚ですか?
それとも洗い残しがあるような、物足りない感覚ですか?
実は、洗顔後にさっぱり感がある方は洗い過ぎ洗顔になっているサインです。
お肌がさっぱり感じるということは、お肌が乾燥している証拠なのです。
これが日々積み重なることで、次第にお肌はインナードライ肌になってしまいます。
インナードライ肌とは、お肌の表面こそ脂っぽいのにお肌の内側は乾燥している状態のことです。
インナードライ肌は、シミやシワの原因となってしまいます。
まさか洗顔がシミの原因になっているなんて、思いもしませんよね。
しかし実際は洗顔時に洗い過ぎることで、シミの原因を作っている方は非常に多いんですよ。


■シミを作らない洗顔方法は?
お肌を洗いすぎてインナードライ肌にならないためには、洗顔方法を見直す必要があります。
まず洗顔料は、泡立てネットを使ってしっかり泡立ててから行いましょう。
いきなり泡洗顔に変えると、物足りなさがあるかもしれません。
しかしお肌を乾燥させないためには、これくらいが丁度いいのです。
そして、すすぎ方が非常に重要です。
洗顔時に洗いすぎている方に、すすぎの"しすぎ"が多く見られます。
すすぎのポイントは「短時間」で済ませることです。
ぬるま湯を使って、丁寧かつ迅速にすすぎを行いましょう。
水温が熱すぎたり冷たすぎると、毛穴を上手く閉じることができず更に乾燥を悪化させてしまいます。
充分すすぎはできているのに、何回もすすぎを行うのはNGです。
かといって洗い残しがあるのもNGなので加減が難しいところではありますが、必要以上にすすぎすぎないように心がけましょう。
洗顔後はタオルで優しく水分を拭き取って、出来るだけ早くスキンケアに取りかかりましょう。
洗顔後のお肌は、通常時よりも水分の蒸発が起こっています。
時間が開けば空く程お肌は乾燥していきますので、洗顔後・入浴後はまず一番にスキンケアを行う習慣にしたいですね。


正しい洗顔を行うだけで、お肌の乾燥を防ぎシミの予防もできます。
シミのない白くて美しいお肌には、正しい洗顔が必要不可欠なのです。