トップページ >  > 炎症性色素沈着の原因と対処法

炎症性色素沈着の原因と対処法

炎症性色素沈着は、皮膚に紫外線などの強い刺激を受け、
炎症を起こした箇所が薄い茶色となって残ってしまうことを言います。
通常これは時間の経過と共に自然に治るものですが、
お肌の敏感な方や炎症がひどい場合にしみとして発症することが多いようです。

また、カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の処理を続けているとできてしまうお肌の黒ずみ、
ニキビあとや蚊やノミによる虫さされによるかぶれの跡がそのまましみとして残ってしまうのも炎症性色素沈着に該当します。
このしみの特徴として、自然に消えていくことが挙げられます。

ただし炎症の範囲によっては消えるのに年単位必要な場合がありますし、
お肌の新陳代謝が悪ければしみが消えるのを長引かせる要因となります。

また、しみができたあとも刺激を与え続けてしまい、皮膚の奥深くまで色素沈着していくと自己での対応は難しくなります。
この場合はレーザー治療を最後の手段として考えるのが良いでしょう。
治療法としては、美白化粧品などのスキンケア用品を使用するのが有効です。
しみができてからの対処がはやいほど効果は高くなります。
また、ケミカルピーリングといった方法もあります。

これはお肌の新陳代謝を促すもので、メラニン色素を排出し美白剤と併用することによって、
しみに対して高い効果を得ることができる方法です。
肌荒れを防ぎ、お肌に刺激を与えなければ炎症性色素沈着にはなりえないので、
注意さえすれば簡単に対処可能なしみです。