トップページ >  > ウソでしょ?!目からも日焼け・・・

ウソでしょ?!目からも日焼け・・・

■目から日焼けするって本当?
顔や手足のようなお肌は、毎日しっかり日焼け止めを塗って万全な紫外線対策ができます。
しかし目はどうでしょうか?
目に塗る事ができる日焼け止めなんて、残念ながらまだ存在していません。
実は、目から入った紫外線は目だけでなくお肌にまで影響を及ぼしています。
例えば白内障。
これは目に入って来た紫外線が、水晶体に蓄積されたことが原因で引き起こされる病気です。
しかし怖いのはこれだけではないんです。
最近の実験で、目から紫外線が入っただけでお肌が日焼けした状態になることが分かったのです。
つまり、お肌に直接紫外線が当たったわけではないのに日焼けをしてしまうということなのです。
でもどうして直接当たっていない紫外線で、日焼けをしてしまうのでしょうか?


まず目から入って来た紫外線は、目の中の角膜に炎症をもたらします。
今度はその角膜の炎症が、脳下垂体という部分を刺激してしまいます。
すると脳は体を守る為にメラノサイトという物質を分泌し、メラニンを作り出してしまうのです。
メラニンはシミやソバカスといった日焼けの根源です。
私たちの目では直接見る事ができませんが、体内ではこのような働きが行われているんですね。
そのため直接お肌に紫外線が当たっていなくてもシミやソバカスができ、日焼けしてしまうというわけです。


■目に入る紫外線を防ぐにはどうしたらいいの?
目から入ってくる紫外線は、白内障の原因になったり日焼けの原因になったりと良い事が一つもありません。
そのためお肌の紫外線対策だけで安心せず、目も紫外線対策を行う必要があります。
最も簡単で効果的な方法が、サングラスを装着することです。
サングラスはファッション感覚で装着する方も多いですが、本来は目を保護するためのものです。
外出するときは日焼け止めだけでなく、サングラスの装着も徹底して行いたいですね。


また微量ではありますが、パソコンやスマートフォン、蛍光灯の光にも紫外線が含まれています。
これらから出る紫外線はごくごく微量なので神経質になる必要はありません。
しかし目やお肌の事を考えるのであれば、ブルーライトから目を保護するメガネなどを装着するといいかもしれません。


白内障にしても、日焼けにしても完璧に完治するのは難しい症状です。
日頃から目を保護してあげないといけませんね。