トップページ >  > 皮膚科で処方される外用薬の効果

皮膚科で処方される外用薬の効果

しみを消すための外用薬で有効なものとして、
トレチノインとハイドロキノンがあります。

これらは併用することによって、その効果を高め美しいお肌を作ることができます。
ですが、あくまでも塗り薬なのでしみを消すのではなく、しみを薄くするといったほうが良いでしょう。


トレチノインは以前ニキビの治療に使われており、
最近の研究によってしみやしわにも有効なことが分かってきました。
トレチノインはレチノイドと呼ばれるビタミンA誘導体の一つであり、
そのためトレチノインを使用してもアレルギー反応が起きにくいといった利点があります。

その効果は皮膚の代謝を促したりメラニンを排出したりと、
美肌に対する効果は目覚ましいものがあります。
ですが、お肌の弱い方には使用できないこともありますので使用の際は、専門の方に聞くことが大切です。


ハイドロキノンは美白剤として使われています。
メラニン色素の生成を抑える他、活性酸素の活動を抑制する効果があります。
その効果は高く、一般の美白用品の何十倍もの美白効果を持っていると言われています。
しかし、その効果の高さから炎症やアレルギーによるお肌へのダメージも大きいため、
医師の診断、処方が必要になります。

一般に販売されている美白剤の中にもハイドロキノンが含まれているものもあります。。
どちらにしても、使用の際はすぐに使いきってしまうことを考えましょう。
日がたった物を使ってしまうとお肌にしみを増やすことになりかねません。