トップページ >  > そばかすが白人や色白に多い理由

そばかすが白人や色白に多い理由

色の白い人や、白人の人にはそばかすのあるひとが多いように感じますよね。
その理由には、いくつかのものがあります。

色が白い人や、欧米の白人さんたちは、肌が弱いと言われていますよね。
そもそもそばかすというのは遺伝によるものです。
白人の多くは肌が弱く、そばかすが元々出来やすいという理由があります。

白人が多く住む海外は、日本よりも紫外線量が多いということも、
そばかすが多い人がたくさんいる理由の一つですね。

また、肌の色が白いということは、メラニンの吸収率が高いということ。
そのため、紫外線によってメラニン色素が黒くなり、ポツポツと
シミができてそばかすになってしまうのです。

肌が白いと、そばかすが目立ちやすいという場合もありますね。


日本人は、黄色人種なので、白人よりはそばかすも目立ちにくいですし、
肌も強いので、比較的そばかすは出来にくいといえるでしょう。


ですが、日本人でも色の白い人や、遺伝によってそばかすが出来てしまう人も少なくはありません。
そばかすには遺伝による先天性のものと、紫外線などのダメージによる後天性のものがあります。

先天性のものであれば、レーザーやフォトフェイシャルといったものの施術でないと、
完全に取り除くことは難しいと言われています。

ですが、ハイドロキノンなどの漂白効果や美白効果のある成分を含んだ
クリームや化粧品を使用することによって
そばかすを薄くしたり、目立たなくすることは可能と言われています。
その場合は、皮膚科で処方されたものや、医師が監修している信頼できる
化粧品をしようすることをオススメします。

後天性のものなら、こういった化粧品によって完全に消すこともできるでしょう。

後天性のものは、比較的色の白い人だけでなくても、そばかすができる可能性はあるので、
事前に紫外線対策を行っておくなどして、予防することも大切です。

そばかすに悩んでいる人は、まずは自分のそばかすがどういった理由で
出来ているかをチェックしていくと良いと思いますよ!