トップページ >  > ハダラボ白潤はシミに効く?シミには無駄?

ハダラボ白潤はシミに効く?シミには無駄?

ロート製薬の肌研(ハラダボ)シリーズの白潤は、薬用美白と保湿効果を兼ね揃えた美白コスメです。
肌が白く潤った状態になるという意味から、白潤と名前も付いている為、両効果が期待できます。

 

ハダラボ白潤の成分と効果
成分には、美白に有効とされる成分の高純度アルブチンが白潤シリーズの全アイテム(化粧水、乳液、クリーム、美容液)に配合されているため、肌の奥で作られるシミの元(メラニン細胞)の生成を抑制してくれます。その為、将来出てくるシミ・そばかす予備軍を防いでくれるのです。
それによってシミの出来ない肌へと白潤が導いてくれます。

 

また、ナノ化された肌の奥まで浸透してくれるヒアルロン酸も配合されていますので、保湿力が高まり潤いのあるプルプルのお肌にしてくれます。
さらに、以前から美白に効くとされているビタミンCの弱点を改良したビタミンC誘導体が配合されておりシミ・そばかすに有効的に働きます。ビタミンCは空気に触れると酸化しやすく、水に溶かすと働きが弱くなり、肌に吸収されにくい性質をもっていますが、ビタミンC誘導体は厚生労働省が正式に認めた成分で肌の奥にまで吸収され、メラニン色素に働きかけてシミに効果を発揮します。
コラーゲンを生成する作用もあるので、にきび跡などにも効果的とされています。

 

 

既にあるシミへの効果

ハダラボ白潤は上記に述べたとおり、これから生まれてくるであろうシミを抑制する成分を多く含んだ美白化粧品ですので、既に出来てしまっているシミを消すことは出来ません。しかし、将来のシミを抑制する事で、これからの老化を予防する事ができるのです。
このようなシミを抑制する化粧品を使用して、将来も若々しい肌でいたいですね。 この肌研はリーズナブルな金額で多くの女性から指示を得ています。高価な化粧品を使用するのもいいですが、こういった化粧品を毎日たっぷり使い、肌に栄養・保湿を充分に与える事でより美しい肌になるのかもしれません。

 

すでに出来てしまったシミを消すには、「ハイドロキノン」が一番効果的な美白成分です。
ハイドロキノンは肌への刺激が強いと思われがちですが、現在では刺激を4分の1にまで押さえ込んだ上に、通常の2倍の速さで効果を発揮させる技術を用いたビーグレンのハイドロキノン妊娠中や授乳でも使用できてしまうアンプルールのハイドロキノンが人気のハイドロキノン化粧品です。