トップページ >  > 手も顔と同じ扱いが必要なのです!

手も顔と同じ扱いが必要なのです!

■油断していませんか?手は年齢がバレてしまうパーツです
みなさん、手のケアってちゃんとできていますか?
ふと自分の手を見ると、予想以上にカサカサのシワシワ!
私の手ってこんなに荒れていたの!?と衝撃を受けた経験はありませんか?
女性にとって手は非常に重要なパーツです。
ご飯を食べる時、お会計をする時、ふと口元に手を添えた時、いつだって手は人目につきやすいのです。
それに周りの方の手を見て、なんとなく「この人って意外と年?」なんて感じたことはありませんか?
シワがあり乾燥した手は、それだけで老けた印象を周りに与えてしまいます。
そんな手は、日常生活の中で非常に酷使されています。
洗い物をしたりお掃除をしたりお洗濯をしたり・・・たった一度お湯で洗い物をしただけで手がガサガサになることもありますよね。
それに手は紫外線を浴びやすい場所でもあります。
どんな時でも、たいてい手って外に出ていませんか?
バッグを持っても歩いていても車の運転をしても、手は常に紫外線にさらされています。
ただでさえ手はメイクでごまかすことができない為、日頃から念入りなケアをしてあげる必要があるんですよ。
顔と比べ手は、ついケアもおざなりになりがちです。
年齢がバレてしまう手こそ、一生懸命ケアをしてあげましょう。


■必ず行いたい手のエイジングケア
お顔のエイジングケアももちろん大切ですが、それと同じくらい手のエイジングケアにも力を入れて頂きたいと思います。
では具体的にどんなエイジングケアが効果的なのでしょうか。
まず、手の紫外線対策も忘れずに行いましょう。
何度もしつこいようですが、手は常に紫外線にさらされています。
もし外出前に日焼け止めをキチンと塗っていても、お手洗いで手を洗ったり何気ない動作をしているうちに日焼け止めクリームは落ちてしまいます。
きちんと手先まで日焼け止めを塗り、こまめに日焼け止めを塗り直す習慣をつけましょう。
そして乾燥対策も念入りに行いましょう。
手は乾燥すると、一気に年とって見えます。
そして乾燥した状態だと、紫外線の影響も受けやすくなります。
保湿効果の優れたハンドクリームを活用し、ハンドクリームもこまめに塗って手を乾燥させないようにしたいですね。
特に夏場、日焼けしてしまうと冬になって乾燥が酷くなります。
また若い頃浴びていた紫外線が、30代になると手の甲にシミとして浮き出る方も多いです。
顔の紫外線対策や乾燥対策は年中行っていると思いますが、手も忘れずに行いましょう。
そして、手にも顔と同じようにスキンケアを行いましょう。
特別なお手入れはいりません。
お顔のスキンケアをするときに、余った化粧水やクリームなどを手にも塗ってあげるだけでいいのです。
洗顔時やクレンジング時も、余った洗顔料で手まで洗うだけでも全然違います。
手のお手入れをしてもどうせすぐに落ちるから・・と諦めず、お顔と同じように扱ってあげましょう。
今から手のお手入れをするかしないかで、将来の年の取り方が大きく変わってきますよ。