トップページ >  > 色白を目指す!日焼け防止法

色白を目指す!日焼け防止法

これ以上黒くしないのもひとつの手!

色白になる為に心がけておきたい事の一番といえば、やはり紫外線の刺激を避ける事ですよね。
お肌の色ってメラニンで判断する事になりますので基本的には遺伝になります。
なので色白になったり色黒になったりを操るには表面的なお肌が重要になってきます。
それには角質を取り除いたりするのはもちろんですが、これ以上黒くしない事も大切なんですよね。
その為にも日焼け止めはしっかりつけておかないといけません。私は学生の頃はずっとすっぴんでしたし、それに日焼け止めも使う事はありませんでした。むしろ「日焼け止めは色白になりたい人が使うもの」なんて特別なアイテムだと勝手に思っていたんです。ですが年を重ねてからその考えは大きな間違いだった事に気づかされました。
どんなに若くて今は綺麗なお肌だったとしても、必ず日焼け止めは塗ってください。
むしろ必需品・当たり前のこと!だと思ってください。

 

 

日焼け止めの選び方

日焼け止めはスキンケアの延長

日焼け止めの選び方ですが、出来ればスキンケア商品と同じメーカーさんの物を選ぶようにしたいですね。
それが駄目ならせめて国内メーカーの物を使うようにしましょう。
海外の日焼け止めって香りもパッケージもとっても魅力的でついつい私も気になってしまうのですが、日本人の肌に合う物はやはり国内メーカーの物ですから。

 

 

また、日焼けを防ぐのに一番効果的なのは実は日焼け止めを塗るのは勿論なのですが、日傘や帽子でうまく光を拡散してあげる事だと言われています。
夏場の炎天下の下、帽子をかぶらないで出かけていませんか?
若い方だと日傘には抵抗のある方もいらっしゃいますよね。その場合にもちゃんと顔が隠れるようなつばの大きめな帽子をかぶって外出するようにしましょう。

 

 

もちろん夏だけではなく、冬だって強い紫外線はいつでも私たちの肌にアタックしています。なので一年を通して顔に光が当たらなくするように心がけるようにしましょう。

 

 

そのうえでもちろん日焼け止めを塗るようにしましょうね。
どんなに色白にしてくれるような化粧品を使ってその効果を実感していたとしても、そのそばから日焼けをしてしまってはせっかくの効果が台無しになってしまいます。
なので信頼できる国内メーカーの日焼け止めと、帽子や日傘をうまく使うようにしてくださいね。