トップページ >  > 女性ホルモンが美白を左右している?!

女性ホルモンが美白を左右している?!

■女性ホルモンとお肌の関係は?
生理前になると、何やらお肌の調子が悪い・・・ポツっとニキビができてしまう・・・
多くの女性がこのような経験をされていることだと思います。
このようなお肌の不調には、女性ホルモンが関係していることがあります。
もちろん食生活や生活リズムが乱れて起こる肌荒れは、そこに問題があります。
しかしいつも通りの生活を送っているのに、なぜか生理前になると肌の調子が悪い。
こういった場合は、女性ホルモンが大きく関係しているのです。
女性ホルモンが関係するお肌の不調は、どんなにケアをしたって予防をしたって解消することが難しいですよね。
私もいつもは特別お肌トラブルもなく過ごしてますが、生理前になると途端にニキビができてお肌の調子が悪くなってしまうんです。
そして生理が終わると、何事もなかったかのようにニキビもなくなっているんですよね。
私たち女性は、生涯ずっと女性ホルモンの影響を受けながら生きて行かなくてはいけません。
毎月肌荒れを起こして「またか。」とブルーになるよりも、女性ホルモンを味方につけて綺麗なお肌を維持したいと思いませんか?
女性ホルモンは私たちのお肌と深く関係しているものなので、正確な知識を身につけてホルモンの悪影響を最小限に抑えていきましょう。


■女性ホルモンは美白も左右するの?
女性ホルモンには、「プロゲステロン」という黄体ホルモンと「エストロゲン」という卵胞ホルモンの2つがあります。
プロゲステロンは、生理前になるとお肌の調子が悪くなる原因のホルモンです。
一方エストロゲンは別名"美人ホルモン"と呼ばれるもので、コラーゲンの量を増やしたり美白効果を高める働きがあります。
こう見ると、エストロゲンだけ分泌してくれればいいのに・・と思ってしまいますが、女性はこの2つのホルモンのバランスによって
お肌の調子や体調が左右されているのです。
お肌の調子が悪くなるときは、大抵ホルモンバランスが乱れたときです。
ホルモンバランスは生理周期やストレス、生活習慣などで容易に乱れてしまいます。
また妊娠や更年期を機に、ホルモンバランスも乱れます。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、お肌の調子が悪くなるだけでなくシミやソバカスができやすくなります。
特に頬から鼻にかけて現れるシミやソバカスが、ホルモンバランスの乱れによるものだとされています。
残念なことにホルモンバランスの乱れによって出来るシミは、日頃のケアなどで防ぐ事ができません。
かといってホルモンバランスを自分の意志で整えるのも、無理に等しいのです。
しかし出来てしまったシミをそのままにしておくのは良くありません。
放置すればする程、色素沈着が進み消し去るのが難しくなってしまうからです。
日頃からホルモンバランスを意識して、ストレスを溜め込まず、規則正しい生活を心がけたいですね。


■女性ホルモンの乱れに効く成分は?
ホルモンバランスの乱れで出来てしまったシミは、防ぐ事はできませんが改善することは可能です。
女性ホルモンが乱れて出来てしまったシミには、"トラネキサム酸"という成分が有効です。
現在もトラネキサム酸が配合された、お薬やサプリメントが市販されています。
女性ホルモンによって出来てしまったシミには、トラネキサム酸を上手く活用して改善していきましょう。