トップページ > ハイドロキノン > ハイドロキノンの副作用や効果

ハイドロキノンの副作用や効果

年齢を重ねるにつれ、気になってくるお肌のトラブルの一つがシミ。
一度出来てしまうと自分で改善するのは難しく、美容外科などの施術を受けなければ取り去ることはなかなか出来ません。
しかし多くの女性が悩んでいるこのシミに対して、ハイドロキノンという成分は効果的な働きをします。
美白を求める女性の間では、このハイドロキノンのクリームを使用する事により、シミが薄くなった等の結果も多く見られるようになりました。

 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは医薬部外品にあたり、皮膚の強力な漂白効果が見られる天然成分で、シミやそばかすという悩みを解消してくれる美白剤です。多くの女性の悩みであるシミの原因は、紫外線を浴びる事などによりメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)が活性化し、メラニン色素が皮膚に沈着する事で、シミとなってしまいます。
このメラニン色素を生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制をしてくれるのがハイドロキノンで、シミの部分にハイドロキノンを塗布する事で、徐々に薄くなっていくと共に、メラニン色素を予防する働きもしてくれます。
シミ対策には他のいろいろな成分(プラセンタやビタミンC等)も有効とされているものがありますが、それらとハイドロキノンの大きな違いは、既に出来てしまったシミに対して効果的なのか、これから出来るかもしれないシミの予防として効果的なのかです。
現在の段階では、ハイドロキノン以上に沈着してしまったシミに対して効果的な美白成分はないと言われています。

 

ハイドロキノンによる副作用

上記のように、美白・美肌を追い求める女性にとって嬉しいハイドロキノンですが、副作用にも注意しなければなりません。 ハイドロキノンは、肌に対してとても強力な"漂白"作用があるという事で美白剤として処方されますが、ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど強力で、肌に対しても強い刺激が与えられると考えなければなりません。
その為、高濃度のハイドロキノンを使用したい場合は、皮膚科などの医療機関を通し、使用可能かどうかを見てもらう事が必要です。間違った使い方をしてしまうと、大きな副作用があると考えてください。
これまでの事例では、色素沈着やかぶれ、アレルギー症状などがあり、重大な副作用では塗布したシミの周りが白く抜けてしまったり、逆に塗布部分が茶色く変色してしまうなどもあるようです。
また、妊娠中の人は胎児に奇形が発生する可能性もあるくらいの強い成分ですので、妊娠中は避けなければなりません。