トップページ > ハイドロキノン > 正しいハイドロキノンを選べば副作用も気にすることなく使用出来るのです。

正しいハイドロキノンを選べば副作用も気にすることなく使用出来るのです。

通常、妊娠・授乳中は使用できないハイドロキノンでも使用可能な新安定型ハイドロキノン配合のアンプルール。
肌への刺激を4分の1にまで押さえ込み、1.9%の濃度なのに4%と同じ威力を持つハイドロキノン配合のビーグレン。
市販のハイドロキノンを使用するなら、肌への刺激・妊娠中でも使用できるのか確認されているものを使用するのがベストです。