トップページ >  > 紫外線の多い時間帯を知ってシミを作らせない!

紫外線の多い時間帯を知ってシミを作らせない!

■紫外線が多い時間帯は?
紫外線は白いお肌や美しいお肌の大敵です。
昔は日光浴をしましょう、という考え方が当たり前でしたが、最近では子供のうちから紫外線対策をすることが求められていますね。
それだけ紫外線は、お肌にとって悪影響が大きいものなのです。
そんな紫外線は、いつが最も多いかご存知ですか?
なんとなく紫外線の量は、太陽の陽射しの強さと比例するような気がしますよね。
最も紫外線が強い時間帯は、朝の10時から午後2時までの4時間だとされています。
このわずか4時間の間に、1日の紫外線量のうち半分以上が集中しているんですよ。
そう考えると、お昼の4時間がいかに紫外線が多いかが分かりますね。
特にこの時間帯は、お仕事や学校などで外に出る機会が多い時間帯です。
ちょっと洗濯物を・・ちょっとお庭の掃除を・・というわずかな時間であっても、紫外線対策は忘れずに行うようにしましょう。


■紫外線の注意点は?
一般的に紫外線を防ぐものといえば、日焼け止めですよね。
今では赤ちゃんでも使える日焼け止めも出ており、性別や年齢を問わず紫外線対策をする時代になりました。
しかし外出前に日焼け止めを塗ったからといって、油断するのは危険です。
日焼け止めが効果を発揮できる時間は限られており、一度塗っただけでは一日中紫外線を防げるわけではありません。
また衣類やバッグなどの摩擦で、日焼け止めが剥がれてしまうこともあり得ます。
そのため日焼け止めは、こまめに塗り直してあげることが必要です。
そして使用する日焼け止めの種類を、用途や天候に合わせて使い分けるようにしましょう。
例えば、日常で使用する日焼け止めではSPF30前後のものが多いかと思います。
日常生活の中であればこれで問題はありませんが、スポーツで汗をかいたり海などの紫外線が強い場所に行く時はもっと強い日焼け止めを塗ってあげる必要があります。
しかし、海やスポーツで使用する強い日焼け止めを日常的に使っていると、今度はお肌への負担が大きくなってしまうのです。
日焼け止めの種類も色々ありますが、数種類を目的に合わせて使い分けるようにしましょう。


また、年間で最も紫外線が多い時期は6、7月です。
しかしこれ以外の時期であっても、紫外線は私たちの元へと降り注ぎます。
紫外線の多い時間帯や時期だけでなく、年間を通して日常的に紫外線対策をしていきましょう。