トップページ >  > 界面活性剤は肌に悪いことばかり?

界面活性剤は肌に悪いことばかり?

■界面活性剤ってどんなもの?
数ある化粧品の成分の中でも、群を抜いて有名なのが"界面活性剤"ではないでしょうか。
それも嫌な成分として・・有名ですよね。
出来る限り界面活性剤が入っていない化粧品を使いたい!という方も多いかと思いますし、「界面活性剤ってなぁに?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
まずは界面活性剤とは、どんな成分なのか。そこからご紹介していきますね。
界面活性剤は、化粧品に配合される水と油を混ざり合わせる役割を担っています。
皆さんご存知の通り、水と油は一生かけても混ざり合うことがありません。
そこに界面活性剤が加わることで、本来混ざることのない水と油が混ざり合うのです。
界面活性剤は主にクレンジング剤などに配合されています。
化粧品以外の身近なものでは、食器用洗剤にも使われているんですよ。


では次に、どうして界面活性剤が嫌われているかについて探ってみましょう。
まず界面活性剤は、お肌が本来持っているバリア機能を破壊すると言われています。
界面活性剤が使用されたクレンジング剤を使うと、強力な洗浄能力でメイクや汚れ、古くなった角質を落としていきます。
この時、一緒に角質層のセラミドまで溶かして洗い流してしまうのです。
セラミドはお肌のバリア機能を作り出しているもの。当然これではバリア機能が破壊されてしまいます。
さらにその後使う洗顔料にも界面活性剤が入っていたら、ますますバリア機能は破壊されます。
クレンジング剤にも洗顔料にも界面活性剤が入っている場合は、要注意なのです。
さらに界面活性剤によってバリア機能が破壊されたため、様々な物質が体内に侵入するリスクも高まります。
毒性のあるものまで、体内に入り込む可能性があるのです。
このような理由から、界面活性剤を嫌う方が多くなっているのです。


■界面活性剤はお肌の大敵なの?
では、化粧品に配合されている界面活性剤は全てがお肌の大敵なのでしょうか。
実はお肌に嬉しい効果をもたらす場合もあるんですよ。
クレンジング剤などに使われる界面活性剤は、お肌のバリア機能を破壊したりとお肌にとっては大敵になります。
しかし乳液やクリームに配合された界面活性剤は、洗浄力を備えていないのでバリア機能を壊すことがないのです。
また、乳液・クリームには油分がたくさん配合されています。
そのため界面活性剤がお肌から油分を奪うことはできないのです。
またお肌のバリア機能に必要なセラミドは、ある種の界面活性剤がなければ化粧品に配合することができません。
クレンジング剤に含まれた界面活性剤ではセラミドを溶かしてしまうのですが、界面活性剤も種類によってはセラミドの働きを助けているのです。
そのため界面活性剤だからといって、全てがお肌の敵になるわけではないんですね。
クレンジング剤や洗顔料に含まれる界面活性剤は避けた方が懸命ですが、美しいお肌の為に必要な界面活性剤も存在しているのです。