トップページ >  > 肝斑対策と原因

肝斑対策と原因

しみには種類が様々ありますが、皮膚に現れるしみの多くはこの肝斑と言われています。
肌の色が濃い方に現れやすく、特に日本人の皮膚質に現れやすいようです。
紫外線に皮膚が晒されやすい部位である顔、特にほお骨や口の周辺に左右対称に現れることが特徴で、
年齢的には30代から40代の女性の方に多くみられ、それ以降の年代の方にはほぼ発症しない、
またはしみがなくなるといったことがわかっています。

肝斑のできる要因として、紫外線の他に精神的なストレスや女性ホルモンが関わっているといわれ、
しみを気にするあまりのストレスでしみが増えるといった例も見られます。
また、男性で肝斑に悩む方は少なく、女性は妊娠時やピルの服用時に肝斑ができることがあります。

このことから女性ホルモンの分泌と肝斑になんらかの関連があるのではないかと考えられています。
妊娠時にできた肝斑は出産時に改善されていくといわれていますが、そのまま残ってしまう場合もあるようです。
肝斑は、レーザー治療を行うと悪化すると言われており、
効果のある治療法としてはトランシーノと呼ばれる内服薬を服用することが挙げられます。
これにはトラネキサム酸と呼ばれる人工的なアミノ酸が含まれており、色素沈着を抑える効果があります。
1~2ヶ月のあいだ服用することによって、しみを十分になくすことができます。
これに合わせて美白外用剤(ハイドロキノンなど)を併用するなどすれば、しみのない納得のいく美肌作りに期待が持てます。