トップページ >  > 乾燥肌の美白化粧品の選び方

乾燥肌の美白化粧品の選び方

お肌の老化が最も進行しやすいとされる乾燥肌。
お肌の表面は乾燥してゴワゴワのカサカサだし、そのせいでメイクも綺麗にノらない・・。
メイクをしていてもすぐに崩れたりシワが刻まれたりと、乾燥肌にまつわるお悩みは数えきれない程あります。
よくオイリー肌、乾燥肌、普通肌のように肌のタイプを分類することがありますが、そもそも乾燥肌ってどんな状態のことを指すのでしょうか?
まずは乾燥肌の特徴から見ていきたいと思います。

 

乾燥肌とはお肌の水分保持能力が低く、角質内で水分を保てないことを言います。健康なお肌であれば、角質内で水分を保つ事ができ常にお肌を潤すことができます。
しかし乾燥肌の場合は、せっかくお肌に水分を与えても保つ事ができず、どんどん水分を逃がしてしまうのです。
乾燥肌は、日々のスキンケアの中で充分に保湿できていないことが原因にもなりますし、加齢やホルモンバランスの乱れによっても乾燥肌に変わる場合があります。また、タバコや過度の飲酒によってもお肌が乾燥することがあります。
今は乾燥肌じゃなくても、将来乾燥肌に変わる可能性が誰にでもあるのです。

 

乾燥肌でも美白化粧品を使いたい!どうやって選んだらいい?

乾燥肌の方は、美白化粧品を使うとさらに乾燥状態が悪化することがあります。
そのため美白化粧品との付き合い方が非常に難しい肌質なのです。
しかし、そうは言っても乾燥肌の方だって美白ケアをしたいですよね!いくつかのポイントを抑えた美白化粧品を使えば、乾燥肌の方でも安心して美白ケアを行う事ができるんですよ。
そのポイントとは、「保湿成分の入った美白化粧品を選ぶ事」です。特にコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が含まれているものがいいですね。
保湿力の弱い美白化粧品を使い続けていると、乾燥肌が悪化しかえってお肌のくすみなどを招く恐れがあります。
美白化粧品を使っているはずなのに、なんだか顔が黒くなってきた・・?という状態に陥ってしまうのです。そのため乾燥肌の方は、必ず保湿成分が入った美白化粧品を選ぶようにしましょう。
そうすれば美白ケアと同時にお肌の保湿も行えます。
また化粧水だけ、美容液だけ、と使うのではなく保湿力の高い乳液やクリームで蓋をしてあげることも大切です。
乾燥肌の方は化粧水からクリームまで保湿力の高い美白化粧品を使用し、水分の蒸発を防ぐようにしましょう。

 

新しくなったビーグレンは保湿力までもリッチに

ハイドロキノンによる乾燥を防ぐためにも欠かせないモイスチャーリッチクリームがすごい!美白ケアの後に、その美白効果を継続させるためにも肌の土台が潤っていなければ意味がありません。
保湿力が高くなったリッチクリームで最上級の保湿が期待できます。