トップページ >  > シミとの関わりの大きい活性酸素とは?

シミとの関わりの大きい活性酸素とは?

活性酸素とは、酸化力を持った酸素のことを指します。
この活性酸素は、体内のウイルスや細菌を退治するという役目をもっています。

例えば放射線を用いたガン治療では、放射線を照射し、
活性酸素をガンのある箇所に大量発生させガン細胞を退治させるといったような使い方をします。
ですので、細菌などを退治するほど強い効果を持つ活性酸素が必要以上に増えすぎると、
体に様々な悪影響を及ぼすことは想像に難くありません。

活性酸素はしみとも密接な関係があります。
紫外線が皮膚に当たると、その刺激によって活性酸素が作り出されます。
同時に紫外線からお肌を守るためにメラニン色素も生成されるのですが、
活性酸素が多いほどメラニン色素も多く生成されるのです。

そうなると、大量に作られたメラニン色素が消化できずに皮膚に残ってしまう可能性が高くなり、
しみもできやすくなってしまうのです。

夏場では日差しが強く紫外線の影響が強いので、紫外線を浴びた箇所からは活性酸素も大量に発生します。
常に露出しているといってよい顔にしみができやすいのはこういった理由からなのです。
活性酸素はしみの他にも、老化の促進や生活習慣病などの悪影響を及ぼします。
この活性酸素の発生を抑えるには、紫外線を避けるのはもちろんお酒やタバコを控え、ストレスをためないことも重要です。
また、食事においても緑黄色野菜などに抗酸化作用があるので偏食しないことも大切になってくるでしょう。