トップページ >  > ビーグレンのハイドロキノンは危険すぎる?!

ビーグレンのハイドロキノンは危険すぎる?!

ハイドロキノンは、その高い漂白効果の反面、副作用が見られることがあるため、危険であると思われる方も多いようです。
実際に報告されている副作用としては、肌が炎症を起こし、赤くなるという症状が多いようです。
塗った所が赤く、ボロボロの肌になるという副作用。
これは、皮膚が弱い敏感肌の人や、皮膚が薄い目元や口周りによく見られる症状です。
肌がハイドロキノンに慣れてくれば収まるということもあるようですが、基本的には一度炎症を起こしてしまったらすぐに使用を中止したほうがよいでしょう。

 

 

そんなハイドロキノン配合の化粧品で有名なビーグレン。
ビーグレンのハイドロキノン配合化粧品は危険ではないのかと不安に考えている方も多いようですが、ビーグレンのハイドロキノン配合化粧品は、1.9%のハイドロキノン。
効果が期待できる数値ながらも、他のものと比べるとハイドロキノンが少なめで比較的安心して使用出来ます。
もちろん、3%以上のハイドロキノン配合のものと比べると即効性はないように感じますが、ハイドロキノン濃度が高ければその分肌への負担も大きくなります。
この1.9%という数値は肌への負担を抑えつつ、副作用を避けることができ、尚且つシミやくすみ、そばかすなどを消すことができる最適な配合割合と言えるでしょう。

 

ただ濃度が低くて安全なだけがビーグレンではありません

ビーグレンのホワイトクリームに配合されているハイドロキノンは1.9%と低濃度で副作用や刺激のない濃度。
通常、1.9%だと3%以上のハイドロキノンに比べ、効果が劣りますが、ビーグレンのハイドロキノンは1.9%であって4%と同じ効果を持ちます。濃度は低めに設定しているから刺激を与えず、効果を2倍以上与えるというもの。
これは、ビーグレンの独自技術でもある、国際特許を取得した浸透テクノロジーによって出来るものなのです。
効果が2倍になるだけでなく、刺激や副作用は4分の1にまで軽減させることもできるのです。元々、低濃度だから副作用の心配のない濃度なのに、さらに4分の1にまで抑え込まれているのです。

 

ハイドロキノンに即効性を求める人も多いようですが、副作用が現れ、炎症を起こしてしまっては意味がありません。
とくに、初めてハイドロキノンを使用する人や、敏感肌の人にはビーグレンのような安全性が高い製品を使うのが望ましいでしょう。
ビーグレンのハイドロキノン配合化粧品は、浸透力が高いというのも長所のひとつ。
低めに抑えたハイドロキノンを、浸透力を高めたことでその効果を増幅させています。 ただハイドロキノンが多く含まれていても、しっかり浸透しなければ副作用の可能性が大きくなるだけで、あまり効果は期待できません。
ビーグレンの浸透技術を使うことで、低濃度ハイドロキノンが2倍以上の効果。
そして、刺激を4分の1にまで抑え込まれた安全性。
さらには、浸透力を通常の化粧品の2倍の速さにすることができるので、同じハイドロキノン化粧品でも効果的だと感じる人が多いのです。

 

このような理由からも、ビーグレンは安全でオススメのハイドロキノン化粧品と言えるでしょう。