トップページ >  > ニキビ跡にルミキシルは効く?

ニキビ跡にルミキシルは効く?

ルミキシルとは?

"ルミキシル"という化粧品をご存知ですか?
美白効果が非常に高いとされるハイドロキノンよりも、約17倍の美白予防効果があり、多くの方に指示されている化粧品です。
ハイドロキノンといえば美白効果が高い反面、副作用も懸念されていますよね。
一方ルミキシルは、敏感肌の方でも使えるくらいお肌に優しい成分で作られています。
主にシミ、そばかす、肝斑といった色素沈着が原因となっている症状に使用されています。
しかし毛穴の開きや顔のたるみなどにも効果があるとされ、ルミキシル一つで様々な嬉しい効果を体感できるのです。
それでいてお肌への刺激が少ないので、安心して使える化粧品です。

 

ルミキシルはニキビ跡にも効果があるの?

先程、ルミキシルがもたらす様々な嬉しい効果をご紹介しましたが、実はルミキシルってニキビ跡にも効くんです。
シミやそばかすはメイクでのカバーが大変ですが、凹凸が出る事もあるニキビ跡はもっとカバーが大変ですよね。
どんなにコンシーラやファンデーションでカバーしても、一向に隠しきれず苦労しているのではないでしょうか。
ニキビ跡はニキビが炎症を起こした状態で紫外線を浴びた事が原因で、発生したメラニンによって色素沈着が起こる状態です。
そこにルミキシルを使ってあげることで、メラニンが作られる為に必要な"チロシナーゼ"という成分を抑止してくれます。
そのため、メラニンの生成自体が抑止されるのです。
ですが、注意してほしいのはルミキシルはあくまでも美白予防が大変高い成分ですので、すでに出来てしまったしみやメラニンには効きにくいという状況です。ニキビ跡が、メラニン系のシミへと発展したならばハイドロキノンを含む化粧品でのケアがおすすめです。
また、ルミキシルはエステや美容外科でも取り扱っているので最大の効果を引き出したい場合は、医療機関などでのケアがおススメです。