トップページ >  > 季節別シミ対策方法

季節別シミ対策方法

■シミのケアは季節に合った方法で行いましょう!
若い頃は「シミ」なんて気にした事もなかったのに、年齢を重ねるにつれどんどん気になってきますよね。
お肌トラブルにもたくさんありますが、特に多くの女性を悩ませているのがシミではないでしょうか。
シミは一度できてしまうと、消すのが非常に大変です。
さらにお化粧でもなかなかカバーできず、本当に厄介ですよね。
シミの原因も色々ありますが、そのほとんどが紫外線によるものだと言われています。
つまり厄介なシミを作らないためには、徹底的な紫外線対策が欠かせないのです。
紫外線と聞くと夏をイメージしがちですが、実は紫外線は1年中私たちの元へと降り注いでいるんですよ。
そのため紫外線対策も、1年中行う必要があるのです。
しかし日本には四季があるため、季節によって紫外線の量も変わります。
季節に合わせた紫外線対策をすることで、シミも上手に予防することができますよ。


■どうしたらいい?季節別に見たシミの対策方法
それでは季節に合わせたシミ対策の方法をマスターしてみましょう!
まず春に行いたいシミ対策です。
春は夏に比べ気温も低く、陽射しも弱く感じます。
しかし5月にもなると、春と言えど真夏と変わらないくらいの紫外線が降り注ぐ事もあるんです。
さらに冬場の乾燥がまだお肌に残っている季節でもあります。
そのため春と言っても、本格的な紫外線対策をする必要があるのです。
それと同時に保湿ケアも忘れずに行いましょう。
真夏と同様、日焼け止め・日傘・帽子などを使って徹底的に紫外線をカットしたいですね。
気温が暖かくなるとつい嬉しくなってしまいますが、外出時には徹底的な紫外線対策を忘れずに行いましょう。


続いては夏に行いたいシミ対策です。
夏は日焼け止めや日傘を用いて紫外線対策をされる方が多いかと思います。
海やプールのようなレジャー時だけでなく、ちょっとしたお買物や洗濯干し、車の運転時であっても忘れずに紫外線対策を行いましょう。
このわずかな間に浴びた紫外線も、シミの原因となりうるのです。
また、空気は乾燥していなくても紫外線によってお肌は乾燥してしまいます。
お肌が乾燥するとそれだけで紫外線から受ける影響も大きくなってしまうので、保湿もしっかり行って紫外線の影響を最小限に抑えたいですね。
もし万が一日焼けしてしまった場合は、まず充分な水分をお肌に補給してあげましょう。
それから美白化粧品などで美白ケアを行うと効果的です。


今度は秋のシミ対策です。
秋になっても、まだ強い紫外線が降り注ぎます。
それに秋は夏の間に浴びた紫外線のダメージが、お肌に現れやすい時期です。
体内では紫外線を浴びた事でメラニンが大量に生成されています。
お肌のターンオーバーを促進して、体内にメラニンが蓄積されないようにしたいですね。


最後は冬のシミ対策です。
冬になると、多くの方が紫外線対策を怠りがちです。
確かに真夏に比べると紫外線の量は減っています。
しかし全く紫外線を浴びないわけではありません。
冬であっても紫外線対策が備わった化粧品を使用し、シミの原因を作らないようにしましょう。
そして冬は最もお肌が乾燥する季節です。
乾燥してお肌のバリア機能が低下していますので、少量の紫外線でもダメージを受ける恐れがあります。
徹底的に保湿を行い、紫外線に負けないお肌を作りたいですね。
またこれまでに浴びた紫外線が、シミの予備軍となって潜んでいる時期でもあります。
冬であっても美白化粧品を使って、シミ予備軍を撃退していきましょう。


このように、季節によって行いたいシミ対策が若干違います。
また、使用する日焼け止めのSPF・PA値も季節によって使い分けるようにしましょう。
とにかく紫外線を浴びない事、お肌を乾燥させないことをポイントに季節に合ったシミ対策をしていきたいですね。