トップページ >  > 肌が敏感な人は特に注意!摩擦黒皮症について

肌が敏感な人は特に注意!摩擦黒皮症について

摩擦黒皮症とは、摩擦の刺激によって生成されるメラニン色素が原因で発症するものです。
背中や鎖骨といった自分では見えにくい箇所に多く現れ、
痛みもないのでそれと知らずにどんどんと刺激を与えてしまうことが多く、
お肌の黒さに気付いた時にはもう皮膚の深いところにまでメラニン色素が沈着していたといったことも少なくありません。

こうなってしまうと自己改善は難しく、これを除去するには外部治療が必要になってきます。
治療法としては、摩擦黒皮症の発症に気付くのが早ければ美白剤によって、薄くすることが可能です。
ハイドロキノンという非常に美白効果の高いクリームを使用することで、しみの改善に貢献してくれることでしょう。
また、使用の際は酸化することを考え、可及的速やかに使いきってしまうことが重要です。

メラニン色素が皮膚の奥まで浸透してしまった場合、レーザートレーニングという治療法が有効です。
出力を抑えたレーザーを短時間照射し、しみを消していく手法です。
これを数回繰り返します。

外用薬等を使用するよりも効果的で、完治までが長期間に及ぶことがないのが特徴です。
摩擦黒皮症を防ぐには、とにかく強く擦る行為をやめることです。
体を洗う際に、強く擦ったほうがお肌を磨いている感覚があって綺麗にしているようにも思えますが、
お肌にとっては逆効果なのです。
また、サイズの合わない下着によって皮膚がこすれて発症する場合があるので、お肌が敏感な方は注意が必要です。