トップページ >  > しみのメカニズム

しみのメカニズム

しみのできる原因は様々ですが、多くは紫外線が原因と言われています。
皮膚が紫外線を浴びると、皮膚は紫外線から人体を守るために、防衛反応を働かせます。
この紫外線の刺激に対して、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が反応し生成されるのがメラニンという色素です。

強い紫外線を長時間浴びているほど、この防衛本能は高まっていき、より多くのメラニンを生成する働きになっています。
ですので、日差しの強い夏場に外出し肌が黒く日焼けするのは、メラニンが多く作られているということになるのです。


このメラニン色素は、色は黒色で紫外線を吸収する働きを持っており、その後は時間とともに垢としてはがれ落ちていく仕組みになっています。
ですが、このときはがれ落ちずにメラニンが残ってしまうことがあります。
この皮膚に残ったメラニンがじょじょに溜まっていくと、しみになるのです。
さらに、しみは溜まっていくほどはがれ落ちにくくなり、頑固な大きなしみとして残っていくことになります。
メラニンがはがれ落ちない要因としてメラニンの排出が追いつかないことが挙げられます。
生成されたメラニンの量に対して皮膚の細胞分裂が遅く、メラニンが垢と共になかなか出ていかないといった形です。
この細胞分裂の早さは年齢が若いほど早く、加齢と共に遅くなっていきます。
ですので、若い人にしみがあまり見られないのは、
しみとなってしまう前にメラニンが垢と一緒に排出されているからなのです。