トップページ >  > メラニンについて

メラニンについて

メラニンはしみを作り出す主な原因とされています。しみのない美肌を目指す方にとっては、メラニンは嫌なものだという認識ではないでしょうか?
ですが、髪の色を決めているのもメラニンですしお肌の色を作っているのもメラニンなのです。
さらにメラニンは皮膚の防衛という非常に重要な役割をもっており、
人間の活動においてなくてはならないものなのです。

しみというものは主に、紫外線を浴びた皮膚が反応しメラニン色素を作り出して、
そのメラニン色素の残りカスがしみを生むといったような仕組みになっています。
ですが、もしここでメラニン色素による防衛がない場合、
皮膚は直接紫外線に晒されることになり、紫外線が皮膚の奥まで浸透していきます。
そうなると皮膚はすぐに炎症を起こしたり水ぶくれになったりと、しみとは比べ物にならない事態を引き起こすことになり、皮膚ガンにもなりやすくなるでしょう。
また、メラニンは刺激によって生成されるものなので、
しみを気にする方は紫外線以外にも注意をする必要があります。
例えば女性は、お化粧の際にチークブラシやパフを使用しますが、
これが不潔なままであればそれはお肌へのダメージ、ないしは刺激に繋がります。
肌荒れのお肌をそのままにしておく、タオルで強くこするなど、
何気ない日常でやることがメラニンを作り出し、しみを作る原因になったりもするのですしみを作らないようにするために、お肌への刺激に注意することは非常に重要なことなのです。