トップページ >  > 誰が使っても安心化粧品は無添加化粧品?

誰が使っても安心化粧品は無添加化粧品?

■無添加化粧品は誰が使っても安全なの?
合成界面活性剤などの石油系成分が問題視されるようになり、化粧品はどんどん自然派のものへとシフトされています。
そのせいか「自然派コスメ!」「無添加コスメ!」などと謳われた商品が、たくさん登場していますね。
お肌のことを思うのであれば、出来る限り石油系成分配合の化粧品は使わず、自然由来の成分を使った化粧品を使いたいものです。
しかし「無添加化粧品」と記載された商品全てが、本当に無添加なのでしょうか?
また何を根拠に"無添加"と記載されているのでしょうか?
無添加化粧品は本当に誰が使っても安全なものなのか、疑問に思った私は無添加化粧品について調べてみることにしました。


まず無添加化粧品というものは、"無添加"という通り添加物が入っていない化粧品のことです。
化粧品においての添加物とはタール系色素やパラフィンなどといった、体にとって有害な影響があるかもしれない成分のことです。
しかし国の基準として"無添加化粧品とは"という基準が設けられていないんですね。
そのため同じように無添加化粧品と書かれていても、メーカーによって無添加の基準がバラバラなのが現状です。
無添加だからと最初から安心するのではなく、記載された成分を見て自分の目で判断していく必要があるのです。


■知らないと怖い!無添加化粧品の選び方
では具体的に、無添加化粧品はどう選ぶべきかをご紹介したいと思います。
まず無添加化粧品を謳っているのであれば、「化学物質を使用していないもの」かを見極める必要があります。
化学物質の代わりに「天然由来の成分」を原料としたものを選びましょう。
さらにその原料にもこだわりを持っている製品が理想的です。
現在は薬事法が改正され、化粧品に配合されている成分を全て記載するよう義務づけられています。
そのため配合されている成分は、誰が見ても一目瞭然です。
しかし「これは化学物質ですよ〜これは天然由来の成分ですよ〜」と丁寧に説明されたものはありません。
知識を持って、自分の目で一つ一つ確かめる必要があるのです。
薬事法改正前は、アレルギーを引き起こす可能性がある"表示指定成分"というのが定められていました。
およそ102種類もある表示指定成分はネットでも簡単に調べることができますので、無添加化粧品を購入する前に成分表と照らし合わせて確認したいですね。