トップページ >  > 日光性色素斑はシミの代表です!

日光性色素斑はシミの代表です!

「シミ」と一言で言っても、色んな種類があります。
そんなシミの中でも最も多いのが"日光性色素斑"と呼ばれるシミです。
日光性色素斑は別名「老人性色素斑」とも呼ばれ、紫外線が原因となって現れるシミのことです。
シミと聞くと、紫外線が原因でできるイメージではありませんか?
もちろん紫外線以外にもシミの原因はありますが、紫外線が原因でできる日光性色素斑はいわばシミの代表のようなものなのです。
若い頃はどんなに日光に当たってもでなかったシミが、40歳前後になるとどんどんシミとなってお肌に現れてしまいます。
これは、今までに浴びてきた紫外線が体内で蓄積されてきた結果なんですね・・。
日光を浴びた結果、そして加齢によって徐々にシミが現れることから"日光性色素斑"もしくは"老人性色素斑"と呼ばれているのです。
しかしもともと色白の方やアウトドア活動が多い方などは、20代の後半から日光性色素斑が現れ出すと言われています。
"老人性"なんて言われますが、若い方でも充分症状が現れる可能性があるのです。
日光性色素斑は、顔だけでなく腕や手の甲、デコルテなど日光に当たりやすい場所に現れやすくなっています。
一見ソバカスのようにも見える小さなシミが群れになって現れる場合もありますし、大きなシミが現れる場合もあります。
また、これらの両方が一緒になって現れる事もあるのです。
日光性色素斑には、顔の内側よりも外側に出やすいという特徴があります。
年齢を重ねると共に日光性色素斑の数も増えて行き、そして色も濃くなっていきます。
そのまま放置し続けていると、日光性色素斑が盛り上がってさらに目立つ場合もあります。


■日光性色素斑はどうやって防ぐ?
日光性色素斑は、紫外線を浴びた事によってメラニンが過剰に生成されたことで発生します。
つまり「いかに紫外線を防ぐか」が重要になっているのです。
一度できてしまった日光性色素斑を綺麗に消すのは非常に大変です。
しかし、日光性色素斑を防ぐ事は努力次第で可能なのです。
どんな短時間でも日焼け止めクリームや帽子、日傘などで紫外線をカットし、美白化粧品などで毎日ケアをしてあげましょう。
また、お肌のターンオーバーが滞っていると過剰に生成されたメラニンを上手く排出できません。
お肌のターンオーバーを促すような化粧品、生活習慣も意識したいですね。


日光性色素斑は、50代女性の8割程に現れると言われています。
シミケアを始めるのに早すぎる事はありません。
思い立ったその日から、日光性色素斑を防ぐため徹底的に美白ケアを始めたいですね。