トップページ >  > 妊娠・出産がきっかけのシミ

妊娠・出産がきっかけのシミ

■妊娠、出産がキッカケでシミができるの?
妊娠や出産をキッカケに、シミが増えたように感じている女性が非常に多いようです。
もしかして自分だけ?とお悩みかもしれませんが、実は妊娠や出産をキッカケにシミが増えるということは、よくあることなのです。
女性の体は妊娠や出産をすることによって、ホルモンのバランスが変化します。
体の方もお腹が大きくなって来たりと変化が多い時期ですが、体の中のホルモンも変化しているんですね。
ホルモンのバランスが変わってしまうため、シミの原因となるメラニン色素が増加してしまいます。
そのため妊娠中や出産前後は、非常にシミができやすい状態になっているのです。
このシミが出来やすい状態は、一生続くわけではありません。
出産後しばらく経つとホルモンバランスも元に戻り、メラニン色素の数も通常の状態に戻るとされています。
しかし出産を終えたからといってホルモンバランス同様、シミも元に戻るわけではありません。
出来てしまったシミは、しっかりとケアしてあげないと消えてはくれません。
そもそも、シミができないように紫外線対策を万全にしなければいけませんよね。
もちろん妊娠や出産だけでなく日頃からシミの予防・ケアは必要ですが、妊娠や出産の時期にはいつも以上に紫外線に気を遣わなければいけないのです。


■妊娠、出産時のシミ対処法は?
妊娠や出産の時期には紫外線の影響を受けやすくシミもできやすくなりますが、元々体内に潜んでいた未来のシミ達も現れやすくなります。
そのためこの時期には体内のシミ予備軍がお肌に出て来ないようにすることと、新たなシミの原因を作らないようにケアをしてあげなければいけません。
体内に潜んでいる未来のシミ達は、チロシナーゼという成分がなければお肌に出てくる事はできません。
なのでチロシナーゼを邪魔する成分が入った美白化粧品を使ってあげると、非常に効果を感じる事ができます。
チロシナーゼの抑止に効果があるとされる成分には、"ハイドロキノン"や"アルブチン"などがあります。
ハイドロキノンは毒性があるため妊娠中や出産前後の使用はオススメできませんので、この時期にはアルブチンが配合された美白化粧品を選ぶといいのではないでしょうか。


美白化粧品でのケアももちろんですが、妊娠中や出産前後は特に念入りに紫外線対策を行ってシミを予防しましょう。