トップページ >  > 黄体ホルモンとシミの関係

黄体ホルモンとシミの関係

■黄体ホルモンとシミにはどんな関係があるの?
シミの原因といえば、紫外線がまず思い浮かびます。
紫外線以外だと、摩擦もシミの原因になりますよね。
実はホルモンバランスの変化によってもシミができることがあるってご存知でしたか?
紫外線にも摩擦にも気をつけているのに、なぜかシミができる・・という方はもしかしたらホルモンバランスの変化が原因かもしれません。
"ホルモンバランス"と聞くとシミよりもニキビや肌荒れをイメージしがちですが、多くの女性がホルモンバランスの変化による
シミに悩まされているんですよ。
でも一体、どうしてホルモンバランスが変化するとシミができてしまうのでしょうか?
私たち女性の体内では、女性ホルモンと呼ばれる2つのホルモンが存在しています。
エストロゲンまたは卵胞ホルモンと呼ばれるものと、プロゲステロンまたは黄体ホルモンと呼ばれるものです。
この2種類のホルモンは、月経の周期によって分泌量が変化します。
卵胞ホルモンは主に月経後から排卵までの期間に多く分泌され、反対に黄体ホルモンは排卵から次の月経までに多く分泌されています。
いわばこの2つのホルモンが、月経の周期をコントロールしているのです。
どちらも女性にとっては欠かせないホルモンなのですが、黄体ホルモンがシミの原因になっているのです。
なんと黄体ホルモンには、シミの原因となるメラニン色素を増加させる働きがあるんだとか・・。
また女性特有のシミ「肝斑」もこの黄体ホルモンが原因の一つであると言われています。
女性である以上、黄体ホルモンは欠かす事のできないホルモンです。
しかし黄体ホルモンには、シミや肝斑の原因にもなっているのです。


■シミはどんな時にできやすい?
黄体ホルモンによるシミや肝斑は、できやすい時期があります。
その時期を知り、それに合わせてシミ・肝斑対策を行うようにしましょう。
まず黄体ホルモンが多く分泌される排卵後から月経までの期間は要注意です。
ただでさえ月経前というのは、肌荒れを起こしやすい時期です。
肌荒れだけでなくシミや肝斑にも注意が必要です。
また、妊娠中は黄体ホルモンが多く分泌されます。
そのため妊娠中にシミや肝斑ができる女性は非常に多いのです。
妊娠中にできたシミは出産後自然と消えると言われますが、ケアをしておいて損はありません。
新たなシミ・肝斑を作らないように美白ケアを念入りに行いましょう。
このように黄体ホルモンの分泌量が卵胞ホルモンより勝った時に、シミや肝斑ができやすくなっています。
シミや肝斑は一度できてしまうと綺麗に消すのは至難の業です。
シミや肝斑は出来る前に未然に防ぐ、これを目標に日々のシミケアや肝斑ケアを頑張りたいですね。