トップページ >  > 肌に負担をかけないためにも。ピーリングはどう選ぶべき?

肌に負担をかけないためにも。ピーリングはどう選ぶべき?

■ピーリングで美白になれる?
古くなった角質や固い角質を取り除いてツルツルのお肌にしてくれるピーリング。
エステだけでなく、市販のピーリングジェルを使用してご自宅でピーリングをされている方も多いはずです。
しかしピーリングはお肌をツルツルにしてくれるだけじゃなく、美白効果も期待できるのはご存知でしたか?
私も最初はピーリングと美白にどんな関係があるんだろう?と不思議でしたが、ピーリングの仕組みを理解してからは納得できました。
そもそもピーリングは「皮膚を剥がす」といった意味で、お肌に残ったままの古い角質を剥がしてくれるものです。
キッチン用品のピーラーでお野菜の皮を剥くように、ピーリングは私たちの古くなった皮膚を剥いてくれているんですね。
ピーリングがなぜ美白効果があるかと言うと、お肌のターンオーバーにかかる周期が関係しています。
本来は28日程で新しいお肌になるのですが、年齢や生活習慣など様々な原因で周期が長くなってしまいます。
ターンオーバーに時間がかかったお肌は、古くなった角質がなかなか剥がれず、終いには皮膚が分厚く固くなってしまいます。
すると、古くなった角質にはメラニン色素がたくさん含まれているため、肌色が暗くくすんで見えたりシミができてしまうのです。
もちろん古い角質は水分を保てないので、皮膚はカサカサに乾燥してしまうんですよ。
このようなターンオーバーに時間がかかるお肌に、ピーリングをしてあげることでお肌の表面を覆っている古い角質が剥がれ、顔色が明るくお肌も綺麗になります。
また、これから行われる新陳代謝も活発に行えるようになるのです。
ピーリングにはシミの改善や美白効果だけでなく、ニキビ痕の解消やシワの解消にも効果的だと言われています。


■ケミカルピーリングってどんなもの?
ピーリングといっても様々な方法があるのですが、その一つにケミカルピーリングと言う美容形成外科や皮膚科で行われる方法があります。
一般的にはフルーツ酸のようにお肌への刺激が弱い酸が用いられ、古くなって残ったままの角質を剥がしていくのです。
フルーツ酸はお肌への刺激も少なく、安心して施術を受けられるピーリング方法です。


■お肌に負担の少ないピーリング方法は?
医療機関でピーリングを受ける方法も一つですが、もちろんご自宅で市販のピーリングジェルを使って行う事もできます。
"古い角質をお肌から取り除く"という目的はどちらも同じですが、その方法が若干異なってきます。
美容形成外科や皮膚科で行われるケミカルピーリングは、お肌の細胞を弱くして古い角質とバラバラに分解してしまう方法です。
一方、市販されているピーリングジェルは古くなった角質を溶かし、お肌から取り除く方法です。
どうしても病院で受けるピーリングの方が使用する薬剤の濃度が高いので、効果は高いかと思います。
しかし病院によってはお肌への刺激が強い薬剤を使用する事もありますし、何度も通院する必要が出てきます。
ところが市販のピーリングジェルを使えば、お肌への刺激はほぼなく安価でマイペースにピーリングを行うことができます。
効果や成分が信頼できるピーリングジェルを使って、ご自宅でのケアに取り入れてみませんか?