トップページ >  > シミとは違う。老人性イボの注意点

シミとは違う。老人性イボの注意点

老人性イボは老人性ゆうぜい、または脂漏性角化症とも呼ばれ、
加齢とともに特に中年の方に多く確認されるようになります。

通常イボはウイルスが原因で発症するものですが、これは紫外線によって老化した皮膚が、
角質とメラニンを生成するメラノサイトの異常な活動によってできるものです。

色は肌色や黒色をしており、形としては、
他のしみと似たような形だったり小さな丘ができたように盛り上がったりといった形もあります。

また、紫外線の浴びすぎやお肌のお手入れを怠っていると若い内からでも発症することがあり、
皮膚の重大な病気にかかっていたりする場合があるので、年の若い方であっても油断してはいけません。

老人性イボは、見た目は悪いですが特にこれといった害を及ぼすわけではありません。
しかし、目立つ箇所にできた場合はできるだけ除去しておきたいものです。
実際に美容のことを考え、イボの除去のために通院する方は多くいらっしゃいます。
これの治療法としては、隆起しているところを医療用のはさみで切ってしまう、
レーザー治療での除去、冷凍凝固してしまうなど様々です。
しみの範囲や数にもよりますが、いずれも入院の必要はなく、短時間で施術が終了します。
イボが短期間にたくさん増えた、イボから出血するといったようなことがある場合は、
病院の判断を仰ぐのが良いでしょう。
悪性腫瘍、つまりガンだったりする場合がありますので注意が必要です。
特に色の黒い物は要注意です。