トップページ >  > シミに効く生活習慣で美白への道

シミに効く生活習慣で美白への道

■生活習慣を変えれば美白になれる?
現在、私たちの周りには実に多くの美白化粧品がありますよね。
日々のスキンケアに美白効果があるものを取り入れている方は、非常に多いと思います。
女性にとって、美白は永遠のテーマなのではないでしょうか。
しかしどんなに高価な美白化粧品を使ったって、どんなに美白効果が高い化粧品を使ったって、生活習慣が乱れていると美白への道は遠ざかってしまいます。
反対に言えば、生活習慣を見直すだけで美白に近づくことができるというわけです。
手当たり次第美白化粧品に手を出す前に、ご自分の生活習慣を見直してみませんか?


■食生活は美白への一歩
食生活は、私たちの体やお肌に直接影響してくるものです。
当然、美肌効果が期待できる食べ物もたくさんあるんですよ。
身近な食べ物では赤ピーマンや黄ピーマン、アセロラやレモン、柚子の皮などがその代表です。
実はこれらの食材には"ビタミンC"が豊富に含まれています。
ビタミンCといえば、高い抗酸化作用が有名です。
そのためシミの元になるメラニンの発生を防いでくれます。
またビタミンCには、黒く変化したメラニンを無色の状態に戻す働きも持っています。
つまりシミになる予定のメラニンを、体の内側でリセットしてくれるのです。
ビタミンCは、美白の為に欠かすことができない栄養素です。
それを証明するかのように、大半の美白化粧品にビタミンCが配合されていますよね。
お肌の外からだけでなく、内側からもビタミンCを取り入れることで美白に近づくことができるんですよ。
また、健康的なお肌の素となるたんぱく質もしっかり取り入れるようにしましょう。
お肉やお魚、お野菜、豆類などバランスの取れた食事を心がけることで、お肌も自然と美肌へ近づくことができるのです。


■睡眠不足は美白の敵!
お肌を美しく整えるためには、毎日充分な睡眠が必要です。
私たちの体内では、寝ている間に細胞が新しく生まれ変わったり、傷ついた部分の修理が行われています。
睡眠時間が短いと、これらを充分に行うことができないのです。
お肌のためには毎日7、8時間の睡眠を確保したいものです。
「寝る子は育つ」と昔から言われますが、本当にその通りです。
よく寝る方ほど、お肌もキレイなことが多いんですよ。
夜の10時から深夜2時までがお肌のゴールデンタイムだと言われ、この時間に睡眠を取るのが望ましいと言われています。
しかし現実ではなかなか難しいですよね。
少しでも早く寝ることは大切ですが、睡眠時間と睡眠の質にこだわるようにしましょう。


■他にもあった!美白に近づく生活習慣
食生活や睡眠時間の他にも、美肌に近づくための生活習慣があります。
例えば体を冷やさないこと。
冷えと美白には関係がないように思うかもしれませんが、体が冷えていると美白が遠のいてしまうんですよ。
私たちの体内には"タンパク質HSP70"という成分があります。
この成分は「自己回復タンパク質」とも呼ばれており、シミやシワを防ぐ働きがあります。
しかし体がしっかり温まっていないと、その働きを充分に発揮させることができないんだそうです。
シャワーで済ませるのではなく、毎晩しっかり湯船に使って体を芯から温めましょう。
また食べ物や飲み物も、極力冷たいものは避けたいですね。


そしてもう一つ、ストレスも美白の大敵です。
過度なストレスはホルモンバランスを乱し、肌荒れの原因にもなりますよね。
さらにお肌のターンオーバーを遅くし、シミの悪化にも繋がります。
しかしそれだけでなく、過度なストレスは大量の活性酸素を発生させてしまうのです。
活性酸素によって酸化した細胞は、老化し当然シミの原因にもなります。


このように、普段の生活習慣をちょっと見直すだけでいくらでも美白に近づくことができます。
美白化粧品は生活習慣がしっかり整った状態で使うのがベストです。
美白化粧品の効果を最大限発揮させるためには、生活習慣もしっかり見直してあげましょう。