トップページ >  > 見られてる?!背中美人の作り方

見られてる?!背中美人の作り方

■背中美人はどうやって作る?
顔や首、手のように自分の目で確認できる場所は、皆さん一生懸命ケアしているものです。
しかし背中となるとどうでしょうか?
大きな鏡を使わなければ見ることができない、手が充分に届かない、背中は非常にケアをしにくい場所です。
そのため気付いた時には背中にニキビができていた!背中が荒れていた!という方も多いんですよ。
夏場は洋服も薄着になりますし、海やプールに行く機会もあるでしょう。
背中が露出する機会は多いものです。
冬場であっても油断はできません。
女友達と入る温泉、彼や夫との旅行。
背中を見られる機会は予想以上に多いものです。
何時何時でも万全な背中でいられるのが本当の背中美人です。
ケアが難しい背中だからこそ、しっかりケアを行ってあげましょう。


背中美人を作るには、毎日の入浴時が重要なタイミングです。
入浴方法を間違うと、背中トラブルの原因にもなりかねません。
正しい入浴方法をマスターし、日々の入浴から背中美人を作っていきましょう。
毎日シャワーで済ませている、という方は今日からでも湯船に浸かるようにしたいですね。
湯船にしっかりと浸かり、毛穴を開いてあげないと背中の汚れを落とすことが出来ません。
時間に余裕があれば、半身浴を行って体を芯から温めていきましょう。
確実に背中の汚れを落としたい方は、湯船に重曹を入れる方法もおススメです。
湯船の大きさにもよりますが、大さじ1、2杯の重曹を入れると効果的ですよ。
重曹入りの湯船につかることで、背中の皮脂が落ちやすくなります。
背中は汗もかきやすく、また皮脂の分泌も活発な部位なのです。
そして、入浴時に洗う順番にも気を遣いましょう。
背中にニキビなどのトラブルが起こる原因は、大半がシャンプーやボディーソープのすすぎ残しです。
まずは髪の毛から洗い、その後体を洗うようにすれば、背中に付着したシャンプー・コンディショナーなどを洗い流すことができます。
また、体を洗う際に使うボディーソープやボディータオルにも気を遣いましょう。
ボディーソープはお肌に刺激の少ないものを選び、ボディータオルも綿やシルクのものを使いましょう。
ボディータオルに使われることが多いナイロンは、お肌への刺激が大きい素材です。
ボディータオルを使わず、手のひらで優しく洗うのも一つの方法です。


背中美人は日々の入浴時から作ることができます。
背中美人を作る入浴方法はできていますか?
できることから実践して、お肌トラブルのないツルスベ背中を目指しましょう。


■定期的に取り入れたいスペシャルケア
上記の基本ケアに加えて、定期的に取り入れたい背中ケアをご紹介しますね。
自分一人で行うのは少し難しいかもしれませんが、週に1、2回スクラブを使ってケアするのも効果的です。
スクラブは、毛穴の汚れを取り除きお肌をツルツルにしてくれます。
但し、あまり頻繁に行い過ぎると逆効果ですので週に1、2回を目安に行いましょう。
また、スクラブを行う前はしっかり毛穴を開いておくようにしましょう。
他にも湯船にアロマオイルを数滴入れるのも効果的です。
特にラベンダーはニキビに高い効果をもたらします。
香りもよくなり、いつものバスタイムが贅沢に感じられると思いますよ。


背中はなかなか自分で確認できない場所だからこそ、日頃のケアが覿面に現れる場所です。
急な露出にも焦らなくて済むよう、日頃からケアを行いたいですね。