トップページ >  > 紫外線対策について考える

紫外線対策について考える

健康的な白い美肌を作るためには、紫外線対策は必須です。
紫外線によるお肌への影響は大きく、これを防ぐことによってお肌をより綺麗に見せることができるでしょう。
紫外線はしみの他、しわやそばかすの原因になっており、
1年中天気や季節を問わず地上に降り注いでいるので、紫外線対策は夏場だけのことではないといえます。
曇りや雨の日でも油断はできません。
また、時間帯によっても変わり、日差しが強いことが目に見えて分かるお昼前後が一番強く、
外出の際の紫外線対策は必然だと言えるでしょう。
紫外線対策にはお肌に日焼け止めクリームを塗る、
日傘や帽子、サングラスを使用するといった方法があります。

最近では紫外線をほとんど通さない日傘や紫外線吸収剤を繊維に使用した服も出回っており、
これらと日焼け止めクリームを併用して使うことは非常に有用な紫外線対策となります。
メラニン色素が原因によるしみは、すぐに効果が表れるわけではありません。
少しずつ堆積していって初めて現れるものなのです。
日差しの強い夏場に比べ、冬場は気温も低く日焼けもしないので、
温かい太陽の光に当たりたくなるものですが、やはり皮膚が紫外線に晒されればメラニン色素は生成されるのです。
特にお肌の弱い方は冬場でも紫外線対策を怠らないようにし、メラニンの蓄積をなるべく減らすようにしましょう。
夏は大丈夫だったからと油断していたら、秋や冬になってしみができたということもありえるのです。