トップページ >  > 色素沈着はハイドロキノンのせいでも起こってしまう?!

色素沈着はハイドロキノンのせいでも起こってしまう?!

今や美白に注目している女性の間では、
知らない人は居ないともいわれる程、有名な「ハイドロキノン」。

ハイドロキノンは、効果が強い反面、
人によっては副作用があるということも有名ですよね。

本来肌を白くする為に使うハイドロキノンですが、
副作用で色素沈着してしまうという話も聞きます。
ですが、この色素沈着という副作用は、
きちんと正しい使い方をすれば起きることはありません。

なぜハイドロキノンの副作用で色素沈着してしまうかというと、
それは紫外線を浴びてしまうから。
ハイドロキノンは非常に紫外線に弱く、
ハイドロキノンの純度が高いほど紫外線に弱くなっていきます。
紫外線に弱いということは、焼けやすいということ。
それによって色素沈着が起きてしまうのです。

つまり、紫外線対策をしっかり行えば色素沈着することはないのです。
ハイドロキノンは基本的には紫外線を浴びることのない夜に
使用することが進められているので、
しっかりと紫外線対策をし、できるだけ日中の使用を避けていれば
色素沈着が起きることはまずないでしょう。

どうしても不安だという人は、ハイドロキノンの濃度が
低いものから試してみるというのもオススメです。
濃度が低いほど、リスクが低くなるので、
副作用も心配することはないでしょう。
また、副作用が少ない安定型ハイドロキノンというものも
最近は多くなってきています。
こういった低リスクのものを選んで使うというのも一つの方法ですね。

ですが、いくらリスクが低いとはいっても、
少なからず副作用の可能性はあるので、
紫外線対策はしっかり行ってくださいね。

夜は何もしなくても紫外線を浴びることはあまりないですが、
朝使用する場合は、SPF15~20前後の日焼け止めを使用して
外出することをオススメします。
室内に居る際も、日中はガラス越しに紫外線が室内へと入ってきますので、
ハイドロキノンを使用中は日焼け止めを塗ることを忘れずに行うと良いでしょう。