トップページ >  > え?美白にいい食べ物がシミになる?!

え?美白にいい食べ物がシミになる?!

■シミが出来やすい食べ物って?
私たちが日常的に口にしている食べ物の中に、シミが出来やすくなってしまう食べ物があるのはご存知ですか?
シミは美しいお肌の大敵です!
どんなにお肌が綺麗でも、シミが一つあっただけで老けた印象になってしまいますもんね。
もしかしたら、何気なく口にしている食べ物がシミの原因になっているかもしれません。
シミの予防、ケアは化粧品だけでなく食べ物も大きく関係してきます。
シミの出来やすい食べ物を知って、体内からシミの元凶を取り除いていきましょう。


まず、シミが出来やすくなってしまう食べ物の代表は"レモン"なのです。
レモンといえば、ビタミンC。
ビタミンCといえば美白にいい。
こんなイメージですよね。
しかしレモンを食べるとシミが出来やすくなってしまうのです。
レモンにはビタミンCも豊富に含まれていますが、「ソラレン」という成分も含まれています。
「ソラレン」は紫外線の影響を受けやすくする、なんとも厄介な働きがあるのです。
そのため美白のためにとレモンを摂取すると、同時にソラレンも摂取されてしまい結果的にはシミが出来やすくなってしまうという訳です。
他にもみかんやキウイ、いちじくがレモンと同様の理由でシミが出来やすくなる食べ物だとされています。


■シミが出来やすい食べ物で特に注意すべきことは?
レモンといえば、紅茶に入れてレモンティーにしたり揚げ物に絞ったりと口にする機会が多い食べ物ですよね。
また近頃はグリーンスムージーを朝飲む方が増えており、レモンやキウイなどをスムージーの材料として使う事も多いと思います。
レモンなどのソラレンを含んだ食べ物は、摂取するタイミングがとても重要です。
朝ソラレンを摂取してしまうと、日中に浴びた紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。
そのため朝、レモンなどの食べ物を摂取するのは控えるようにしましょう。
しかし夜であれば問題はありません。
ソラレンは体内に入って代謝されるまでの時間が非常に早い性質を持っています。
約3時間もあれば代謝される成分ですので、夜摂取しても翌日の朝には代謝が終わっているのです。
レモンやキウイなどの食べ物は、美白や美肌に嬉しい成分が豊富に入った素晴らしい食べ物です。
しかし摂取するタイミングを間違えると、お肌の大敵にもなりうるのです。
これらの食べ物は、陽が沈んだ以降のタイミングで摂取したいですね。