トップページ >  > 消えないなら隠す?!シミを隠すメイク技

消えないなら隠す?!シミを隠すメイク技

■パウダーファンデでシミを隠す方法
スッピンの状態で鏡をのぞくと、シミが目に入って思わず盛大なため息。
シミが1つでもあると、一気に年齢を感じてしまい憂鬱な気分になってしまいますよね。
女性はメイクをしてシミを隠すこともできますが、隠したつもりがなぜかシミが目立ってしまう!という事も有り得ます。
かといってメイクをしていない状態では外を出歩けないし・・。
このシミはどうやったら隠すことができるの!?とお悩みの方、もしかしたらメイクの方法が間違っているかもしれません。
メイクの方法をちょっと変えてあげれば、メイクをしている間はシミの悩みから解放されますよ。
コンシーラと、普段お使いのファンデーションを使ってシミを綺麗に隠すメイクをしてあげましょう。


まず、普段のベースメイクをパウダーファンデで行っている場合のシミの隠し方からご紹介していきます。
洗顔後、しっかりと保湿を行い下地を顔全体に塗って行きます。
ここまでは普段のメイクと同じですよね。
次にコンシーラをシミの上に乗せて行きます。
ここで使用するコンシーラは、なるべくシミの色と近い物を使用します。
シミの上にコンシーラを乗せたら、指でトントンと叩きお肌と馴染ませていきましょう。
このときパフやスポンジを使うと、上手くシミを隠す事ができません。
ご自分の指で、叩き込むように塗って行きましょう。
そして普段お使いのパウダーファンデを重ねていきます。
いつも通りにファンデを塗ってしまうと、シミの部分だけが厚く見えてしまいかえってシミを目立たせてしまいます。
そのためコンシーラを塗った部分と塗っていない部分の境目に、ファンデを少し重ねて塗ってあげましょう。
こうすることでシミの部分だけが目立つ事なく、全体的に綺麗な仕上がりに見せる事が出来ますよ。


■リキッドファンデでシミを隠す方法
次は、普段リキッドファンデを使用している場合のシミの隠し方です。
いつものように下地を塗り、リキッドファンデを塗って行きましょう。
そして先程と同様、シミの色と近いコンシーラをシミの上に乗せ指で叩き込んでいきます。
そしてファイスパウダーなどを重ねていきましょう。
ここでも、シミの部分に塗ったコンシーラが目立たないように、境目にフェイスパウダーを押さえるように乗せてあげます。
こうすることで、仕上がりが均一に見えシミを目立たなくすることができますよ。


シミがまだ薄い方は、BBクリームやカバー力の強いリキッドファンデだけでも隠すことができるかもしれません。
メイクでシミはカバーできますが、スッピンの状態ではやはりシミは健在です。
シミは作らないことが一番ですが、今あるシミのケアも忘れずに行っていきましょう。