トップページ >  > 手作り化粧品でシミが濃くなることもある!?

手作り化粧品でシミが濃くなることもある!?

近年、化粧品に含まれる化学物質の影響を心配して、自分で化粧水などの化粧品を作る方が増えています。
市販の化粧品だとどんな成分がどのように配合されているのか、化粧品の背景全てを知る事はできません。
その点手作りであれば、成分も製造過程も全て自分でチェックできるので安心感が大きいですよね。
また手作り化粧品に使う材料もドラッグストアなどで簡単に、しかもお手頃に入手できるので化粧品の手作りブームは熱を帯びる一方です。
特にお肌が弱い方、市販の化粧品がなかなかお肌に合わない方、ナチュラル志向の方はすでに手作り化粧品を始めている方が多いようです。
手作り化粧品の作り方はとっても簡単で、精製水にグリセリンを加えるだけでお手製化粧水が完成してしまいます。
あとはお好みで精油やエッセンス、オイルなどを加えて自分好みの香りを付ける事だって可能です。
なんだか成分にも製造過程にも安心が持てるし、自分仕様の化粧品なんてすっごくお肌に良いような気がしますよね。
でも、手作り化粧品を使う事でシミが濃くなったりお肌が荒れてしまうこともあるんです。
特にシミは女性にとっての大敵ですし、一度できてしまうと綺麗に消すのは非常に困難です。
手作り化粧品は非常に魅力的ですが、シミが濃くなったりシミが増えるというリスクがあることも知っておかなくてはいけません。


■手作り化粧品の落とし穴とは?
自分で安全な成分を選んで自分で作った化粧品なのに、どうしてシミの原因になってしまうのでしょうか。
実は手作り化粧品に配合する成分や配合量を間違うと、お肌に悪影響を及ぼしてしまうのです。
例えば爽やかな香りを付けるためにとグレープフルーツやベルガモットなどの精油を配合したとしましょう。
これら柑橘系の精油は爽やかな香りが非常に魅力的ですが、光毒性を持っています。
そのため紫外線を浴びるとシミを濃くしたり、濃いくっきりとしたシミを作ってしまうのです。
他にもお肌に炎症を招くこともあります。
シミ以外でもカモミールなどを混ぜたことでアレルギー反応が出たり、アロマオイルでお肌がかぶれることもあります。
確かに植物由来の精油はお肌にとって優しそうなイメージがありますが、必ずしもそうとは限らないのです。
また、手作り化粧品には劣化が非常に早いというデメリットもあります。
市販の化粧品のように保存料が入っていないため、これはしょうがないことです。
しかしそれを知らずに劣化した手作り化粧品を使い続けると、これもお肌にとって悪影響です。


手作り化粧品は手軽ですしお値段も安価です。
そしてお肌に優しいという安心感があるので自分でもやってみよう!と思う方も多いかもしれません。
しかし化粧品を手作りするのであれば、事前に充分な知識をつけておく必要があります。
どんなにお肌に優しい手作り化粧品でも、時には化学物質よりもお肌に悪い場合があるということを是非知っておいてほしいと思います。


→ シミに効く化粧品を確認する